体験談

反日教育を受けた韓国人女性が見た日本の現実!日本への帰化を選んだ信念に称賛の嵐!

投稿日:

日帝時代を頑迷に反省しない日本人。
それは許さないという反日意識を強く持っていた韓国人は、どこへ行っても優しく親切な日本人
どこへ行っても整然として綺麗な日本の街並みに触れて、何か肩透かしをくわされた感じがあった。
今回はそんな反日教育を受けた韓国人女性が見た日本の現実を紹介します。

戦後、最も頑固な反日教育を受けた反日世代と言われた私の世代は
日本といえば悪魔の国と答えるほどだったから

「日本人が良い人たちであるはずがない」

という強い先入観を持っていました。

これが東京経由のアメリカ留学の計画で来日した
27歳の韓国人女性・呉善花さんの日本での第一印象であった。

昭和58年7月に留学生ビザで来日した呉善花さんは
東京の北区十条の友人アパートに同居し、
そこから日本語学校に通い始めた。

ソウルでは間借り生活で台所やトイレも共用だったが
ここでは全て自前でさらに友達が冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電話まで
揃えていたのにびっくりした。

白米のご飯の美味しさにも感動した。

韓国で白米を食べられるようになったのは
1988年のソウルオリンピックの頃からです。

それまでは一般の家庭では白米に粟や麦を混ぜて食べていた。

学校へ持っていく弁当でも
100%白米のご飯は贅沢だというので禁止されていた。

そんなある日、近所のお米屋さんでお米を一袋買って炊いてみると
パサパサとしてまるで美味しくない。

不思議に思って店で聞いてみると三分付きのほとんど玄米と同じ
健康食品の米を間違って買ってしまったとわかった。

店のご主人は呉さんが間違って買ったお米を
普通のお米に取り替えてくれて
差額だけを支払ってくださいと言う。

なんて良心的なんだろうと呉さんは思った。

ソウルでは1万ウォン札を渡したのに
5000ウォンだったと店の人がごまかして喧嘩になったことが何度かある

日本ではそんなことは絶対にない。
日本人は良心的だ。と言う噂が留学生たちの間に流れていく

来日した当初は親切な人が多い、秩序が安定している、
街が綺麗、豊かな生活物資が満ち溢れている
など、とにかく良い所ばかりが目についた

特に呉さんの心を打ったのは海と山が間近に接近した
独特の地形が織りなす自然の美しさだった。

東京の祖母に誘われて伊豆の東海岸を旅行した時には
その風景の美しさにすっかり魅了された。

これほど海と山と人の生活が溶け合った光景は
韓国ではほとんど見られない。

海と山は平野によって遠くに隔てられている。
そんな大陸的な風景が韓国のものである。

旅先で出会った地元の人々からは
風景そのままの率直な温かさが伝わってくる。

都会でも山の緑が家々のすぐ近くまで張り出している。
それなのに人々はさらに自宅の庭に草木を植える。

韓国では人々が暮らす村里に緑があると
動くのに邪魔になるという感覚が昔からある。

庭に草木を植える家はかなり上流階級に限られていた

しかし、日本では普通の人でも普段の生活の中で緑を慈しむのだという。
そんな違いにも驚きだった。

急に怒り出した八百屋さん!

日本に来て最初の一年は良い日本に感激した時期であった。

それは韓国で教えられていた日本の姿とは全く違っていた。

しかし、2年経ち、3年を経て日本の内部に入っていくようになると
呉さんは次第に文化や習慣の違いからくる摩擦に悩まされるようになっていった。

十条のアパートの近くに小さな八百屋があった。

ご主人が親切にしてくれるので
野菜はいつもその店から買っていた。

ある日、キムチを作ろうとその八百屋に白菜を買いに行った。

呉さんは店先に積まれていた白菜を一つ、また一つと触って品定めをしながら

「おじさん、今日は白菜をたくさん買いますからね、
良いのを選んでくださいよ。」

と言った。

「悪いけど、うちのものはあなたには売りませんよ。」

何が気に障ったのかわけがわからない呉さんが

「なぜそんなに怒るんですか?」

と聞くと
プイと横を向いて

「朝鮮人にはものを売りませんよ。」

同じようなことが美容院やお寿司屋さんでもあった。
ようやくその理由がわかったのはそれから半年後だった。

韓国ではものを作る人、売る人を一段下に見る風潮があり
また店の方でも良い加減なものを作ったり売ったりする傾向が強い

そのため買い物をする時に品質について念を押したり、
自ら商品に触って確かめるということが一般的です。

八百屋に行けば「良い野菜をください」というのがごく普通の挨拶であり、
それが店の人への親しみの表現なのであった。

しかし、日本では八百屋は八百屋なりに
うちでは悪い野菜など売らないと言う誇りがある。

韓国流の「良い野菜をくださいね」と言う挨拶は
その誇りを傷つけるのです。

こう言う場合は

「キムチを作りたいんだけど、どんな白菜が良いかしら」

などと相手を専門家として持ち上げてやるのが日本流です。

こういう対人関係の有様は右側通行か左側通行かという交通規制と同じで
優劣の問題ではなく一つの文化内の暗黙のルールなのです。

左側通行の社会で右側通行したらあちこちで衝突する。

呉さんが悩んだのはこういう文化の違いだった。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

コーンを跳ね飛ばして無断駐車する常習者!仕返しにコーンにセメント入れた結果!

コーンを跳ね飛ばして無断駐車する常習者… 仕返しにコーンにセメント入れた結果…

SNSで話題の街や駅でわざとぶつかってくる人!ぶつかる理由に衝撃が走る!

SNSで話題の街や駅でわざとぶつかってくる人… ぶつかる理由に衝撃が走る…

駐車場の管理人さんにお礼を言うと出向いて行ったら、信じられない光景が!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 100mほど離れたところに駐車場があり、 そこにいつも車を停めていました。その駐車場には、いつでも元気で明るい 60歳を過ぎたばかりの管理人の おじさん …

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー!クレイジーすぎると話題に!

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー… クレイジーすぎると話題に…

生命維持装置を外した後に起きた奇跡!人間の常識を覆した瞬間が話題に!

生命維持装置を外した後に起きた奇跡…人間の常識を覆した瞬間が話題に…