体験談

飛行機の搭乗手続きであった非常識な行動!子供は2歳まで無料でしょ!

投稿日:

飛行機の搭乗手続きであった非常識な行動…
「子供は2歳まで無料でしょ」(どう見ても2じゃない…)すると…

飛行機の搭乗手続きであった非常識な行動!

前航空会社で働いていましたが、
4〜5歳くらいの子を連れた母親が
チェックインカウンターに搭乗手続きにやってきた。

チケットを見たら無料同伴
幼児の三歳未満
(三歳から小児運賃扱い)

の子供の名前が記載されていて、
人数を合わせるためのボーディングパスを、
そこで発行する事になっているんだが
万が一その子が都合でキャンセルになっていたりすると
人数が合わず出発が出来なくなるので必ずカウンターで
確認するようになっていた。

普通に

「今日は○○様もご一緒でよろしいですか?」

と聞くと、母親

「はい…..」

と。

「そちらのお子様はご搭乗ですか?
並びのお席にしますのでご一緒にチェックインを・・」

と言いかけたら、
母親怪訝そうな顔で、

「この子が○○ですけど?」

と。

どう見てもお子様二歳には見えませんが。

まあ三歳くらいの子供を二歳と偽る人は結構いて、
まあ半年くらいのもんなら大目には見られるが
これはいくらなんでも酷すぎる、
さあどうしようと考えていると、

「あ、もちろん隣の席は空けておいてくださいね。
荷物もあるし。」

と追加注文を。

「申し訳ありません、本日は満席になっていますので
それは難しいかと思われ・・」

「なんで?!子供がいたら大変なんだから、
それくらいサービスするもんでしょう!?」

と逆切れモードで騒ぎ出した。

お子さんのことをハッキリ言うと!

「失礼ですが、お子様おいくつでしょうか?」

と聞いたら、
子供はこちらを見てもじもじしている。

母親は怒鳴るように

「二歳って書いてあるでしょう!?
読めないの!?バカなの!?」

とカウンター前で騒ぎ始めた。

例え限りなく三歳に近い二歳でも、
いくらなんでもゲームボーイでは遊ばないと思うんですよ・・・。

騒ぎを聞きつけて係長クラスの男性社員が飛んできて、
事情を説明したら、

「こちらでは他のお客様の目にもつきますので、どうぞこちらへ。」

と応接室に連れて行ってしまった。

それが搭乗30分くらい前だった。

しばらくして便も出発し自分が休憩に入り、
お弁当を食べて休憩室を出ようとドアを開けたら
向かいの応接室のドアがバン!と乱暴に空き、
件の係長がむすっとした声で、

「何かギブアウェイ出して!」

と不機嫌そうに言い、
先輩が慌てて倉庫に走っていった。

何かあったのかなー?
とちらっと応接室のドアの開いた。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

怪我をしている人に対しては 生きる希望を持てるように励ましの言葉をかけ、 決して動揺させるようなことを言ってはいけない!

事故で片足が切断され止血処置をし励ます… ある一言で命が絶たれることに…

失明し妻の笑顔が消えた!その後、20年間急に夫が土を掘りだした!20年後妻は泣き崩れた!

失明し妻の笑顔が消えた… その後、20年間急に夫が土を掘りだした…20年後妻は泣き崩れた…

デパートで買った枕があまりにも熟睡できるので気になってハサミで枕を開けると!

今回紹介するのはある一人の女性のお話です。 肩こりが酷かったので枕を買い替えた女性。 するとよく眠れて寝すぎるほどに。 なにかおかしいと思った女性は枕の中身を確認するのですが・・・

女性が刺身を作ったら『客を舐めるなと』ある男性客が激怒⇒『男尊女卑も甚だしい』と店主も反論!

ある大衆居酒屋の常連客らしい男性が刺身を注文したところ、大将でも板前でもない女性店員が刺身を調理して出したことに激怒! しかしこの客の主張に対して店の主人は『こちらは信頼して女性店員に任せている』と反 …

「妊婦って障害者だっけ?」優先座席に座る妊婦にワザとらしく大学生が嫌味!すると予想しない人物の逆鱗に触れ大騒ぎに!

「妊婦って障害者だっけ?」優先座席に座る妊婦にワザとらしく大学生が嫌味… すると予想しない人物の逆鱗に触れ大騒ぎに…