驚き

実際にあった性器への拷問器具!残酷極まりない器具ばかりだった!

投稿日:

実際にあった性器への拷問器具…
残酷極まりない器具ばかりだった…

実際にあった性器への拷問器具!

中世ヨーロッパで頻繁に使われたという拷問器具。
主に女性に使われていました。

今回はそんな実際にあった性器への拷問器具を紹介します。

張り型

木を男性器の形に加工したもの。

基本的には性的な責めを行うためのもので
正式な拷問ではなく遊郭などでの私刑に使用されました。
ズイキを巻いたり、唐辛子や塩をまぶしたりして使用することもある。

極端なものになると性器を破壊してしまうために
針などが植え付けられていることもありました。

そういったものでも「私刑」的な使われ方をすることがほとんどです。

木馬

背を鋭く尖らせた三角形の木材に跨らせる拷問。
一般的には、被疑者を全裸もしくは下半身を裸にして、木馬に跨らせます。

両腕を後ろで縛り、縄で天井より吊すことによって、
木馬から落下することを防着ます。

女性の場合は毛髪を縛り、これを吊すこともありました。

この状態で被疑者の体重がすべて股間に掛かることになり、
その苦痛は凄まじいそうです。

苦痛の梨

洋梨の形をした鉄製の器具で細くなった側にはネジがついています。

このネジを回すと太い側が四つに割れて開くようになっており、
膣に挿入後、ネジを回して膣を押し広げ苦痛を与えた。

数少ない性器に対する責めを目的とした器具です。

ユダの揺りかご

中世のユダの揺りかごは最も不穏な拷問方法の1つです。

犠牲者をピラミッドのような装置の上につり上げ、
尖端に向かって無理やり降ろします。

串刺しにも似ている拷問具。

数本のロープで天井からつるした人間を
ピラミッド型の模型がついた架台に肛門などの開口部から座らせ、
体の重みでゆっくりと沈ませていきます。

恥辱を伴わせるために裸にされ、その上、
装置は洗われないまま使い回されていたため、
拷問自体で絶命しなくても感染症で死亡することもあったそうです。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

転校先は不良の学校だった!とっつきやすい不良に話しかけてみた結果!不良人生スタート!

中学校は穏やかで普通に学校生活を送っていた俺。 父親の転勤で転校した学校がスクールウォーズの様に荒れまくった学校だった話。

最高500円以上!?値段が高い自販機TOP3!富士山はやっぱり日本一だった!

道行くところに、当たり前のように置いてある便利な自動販売機。 通常100〜150円だが、日本にはその倍以上で販売しているところも…。

17歳の少女が妊娠した!?お腹の中にいたのは魚の子だった!?

17歳の少女が妊娠した!? お腹の中にいたのは魚の子だった!?

モーゼの十戒のように海が割れる!偶然捉えられた謎の現象に鳥肌が立つ!

モーゼの十戒のように海が割れる… 偶然捉えられた謎の現象に鳥肌が立つ…

検問中、夫婦と子供が乗る車に違和感を感じた警官!違和感の正体に鳥肌が止まらない!

検問中、夫婦と子供が乗る車に違和感を感じた警官… 違和感の正体に鳥肌が止まらない…