驚き

富士見産婦人科病院事件の動機が怖すぎる!子宮をホルマリン漬けに!

投稿日:

富士見産婦人科病院事件の動機が怖すぎる…
子宮をホルマリン漬けに…

富士見産婦人科病院事件!

1980年に埼玉県で発覚した乱診乱療とされた事件。

この事件は医者が金儲けのために
健康な子宮を摘出したとされる事件です。

手術をした医師も無免許で被害者数は1138人。

年齢は20代、30代が多く、
がん検診や妊娠相談に来た無症状の人たちもいました。

埼玉県所沢市にあった富士見産婦人科病院
(すでに廃院。富士見市にあった富士見産婦人科とは別)は
美容室やアスレチック室、ラウンジなどの施設を持つ
一流ホテルを思わせる構えであった。

このため、埼玉県内はもとより近県からも
多数の妊婦が診察に訪れるなど繁盛していた。

1980年、ある妊婦がこの病院で診察を受け子宮癌を宣告された。

しかし他の病院で再度診察を受けた際、
全く異常が無いことがわかった。

この病院でしか診察を受けていなかった妊婦は
病院の診断のまま子宮や卵巣の摘出手術を行われ、
健康な子宮や卵巣も摘出していた可能性が疑われた。

また、理事長の北野早苗は当時まだ珍しかった超音波検査を行っていたが、
医師免許を所持しておらず、
これは無資格の診療であったこともその後の調査により明らかとなった。

この事件は、1980年9月12日の朝日新聞のスクープとなった。
1981年、理事長の妻であり、
医師免許を持って診察や治療を行っていた院長は
医業停止6ヵ月の処分を受けた。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

オーストラリアで発見されたコルト一族の近視相姦!世界中を震撼させた事件が衝撃的だった!

オーストラリアで発見されたコルト一族の近視相姦… 世界中を震撼させた事件が衝撃的だった…

アメリカ最恐の未解決事件「謎のポラロイド写真」29年前失踪した美人女子大生が1年後、衝撃の姿で発見され!

アメリカ最恐の未解決事件「謎のポラロイド写真」 29年前失踪した美人女子大生が1年後、衝撃の姿で発見される…

中国の死刑の実態!人生最後の瞬間を刑務所で迎えた美しすぎる囚人達!

中国の死刑の実態… 人生最後の瞬間を刑務所で迎えた美しすぎる囚人達…

日本で一番危険なスラム街・西成あいりん地区の実態!闇が深すぎる場所だった!

untitled 日本で一番危険なスラム街・西成あいりん地区の実態… 闇が深すぎる場所だった…

「嫌いなパパの職業」ランキング(小学生編)大人よりも辛辣だと話題に!

「嫌いなパパの職業」ランキング(小学生編) 子供たちの意見が大人よりも辛辣だと話題に!