驚き

阿部定事件の全貌!猟奇的すぎて狂気を感じてしまう!

投稿日:

阿部定事件の全貌…
猟奇的すぎて狂気の沙汰を感じてしまう…

阿部定事件!

仲居であった阿部定が1936年(昭和11年)5月18日に
東京市荒川区尾久の待合で性交中に愛人の男性を扼殺し、
局部を切り取った事件。

今から80年ほど前に起きた事件ですが、
事件の内容からドラマや映画のモチーフにされる事が多く
名前だけでも聞いた事がある人も多いかもしれません。

この事件がここまで広まったのは
その特殊な殺害方法だったからです。

首絞めは昔からありましたが、
局部が切り取られる事件は初めてだったため
マスコミが大々的に報道しました。

かなり熱狂的で阿部定パニックと呼ばれていたほど。
昭和11年の三大事件の一つとして挙げられています。

殺害の動機!

5月18日、早朝6時ごろ、
阿部定は寝ている吉蔵の首にヒモを巻きつけ、
思いきり絞め上げました。

途中で吉蔵が目を覚ましたものの、
そのまま力を緩(ゆる)めることなく、
阿部は吉蔵の息の根を止めた。
だが、

殺しただけではまだ吉蔵は
自分のものになったとは言えない。
あの部分を自分のものにしてしまいたい。
誰にも触らせたくない・・・

そう考えた阿部は予め額縁の後ろに隠しておいた
包丁を取り出し、吉蔵の男性性器を切断した。

阿部は切り取った男性器を大事にしまい込み、
吉蔵の左の太股に「定 吉二人」と血を指につけて書いた。

また、布団の敷布にも「定 吉二人きり」と同じく血で書き
左腕には「定」という文字を包丁で刻んだ。

そして、女中が吉蔵の遺体を発見し、事件は発覚する。

阿部は逮捕されると

「私は彼を非常に愛していたので、彼の全てが欲しかった。
私達は正式な夫婦ではなかったので
石田は他の女性から抱きしめられることもできた。

私は彼を殺せば他のどんな女性も
二度と彼に決して触ることができないと思い、彼を殺した…」

なぜ石田の性器を切断したかは

「私は彼の頭か体と一緒にいたかった。
いつも彼の側にいるためにそれを持っていきたかった」

と供述している。
逮捕されてからも阿部定の人気は凄かったそうです。

世間を騒がせたせいなのか、
結婚の申し込みの手紙が400通以上舞い込み、
カフェや映画会社からのスカウトも来たそうです。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

慰安婦問題の真実!当時の日記を学者が分析した結果、衝撃のセレブぶりが明らかに!

慰安婦問題の真実… 当時の日記を学者が分析した結果、衝撃のセレブぶりが明らかに…

六代目山口組組長・司忍の写真!オーラがありすぎてビビると話題に!

司忍・六代目山口組組長の写真… オーラがありすぎてビビると話題に…

10年間放置され廃墟となった病院!ゾンビが出てきそうだと話題に!

10年間放置され廃墟となった病院… ゾンビが出てきそうだと話題に…

死刑執行時に目隠しを拒否した女性!その後、彼女がとった行動は更に信じられないものだった!

死刑執行時に目隠しを拒否した女性…その後、彼女がとった行動は更に信じられないものだった…

インドの眼球クリーニング!針金を使いゴロゴロ異物がとれまくる衝撃の動画が話題に!

インドの眼球クリーニング… 針金を使いゴロゴロ異物がとれまくる衝撃の動画が話題に…