驚き

この世に本当に存在した人体実験の事実!エゲツない鬼畜の所業だった!

投稿日:

この世に本当に存在した人体実験の事実…
エゲツない鬼畜の所業だった…

この世に本当に存在した人体実験の事実!

昔からラットや哺乳類を用いた実験は
医学の進歩のためなどで行われてきました。

しかし数十年前までなんと人を使った実験が行われていたのです。

戦時中、捕虜を使っての最低な実験も行われていたり、
拷問として行われた経緯もあったそうです。

スタンフォードで行われた最悪の人体実験!

その中でスタンフォードで行われた人体実験は
世界中で知られている最悪の人体実験の1つです。

実験はしかも生徒を使っての事件だったそうです。

心理実験として行われたそうですが、
結果は最悪のものでした。

実験が行われたのは1971年。

実験を主導したのは心理学者フィリップ・ジンバルド氏。

刑務所に似せた場所の中で囚人と警備との2グループに分け、
数日間様子を記録したそうです。

実験だったはずが、
とんでもない結果が出てしまいます。

実験が進められた結果、
警備役となったグループの1/3が
普段では見られなかった攻撃性を見せたのだそう。

一方で囚人役になったグループは
精神的なダメージやショックが大きく、
実験から逃げ出す人も出たそうです。

あくまで実験だったはずが、
環境が変わってしまうと豹変してしまうという
衝撃的な結果になっています。

プロジェクト4.1!

1954年3月。
アメリカ政府が行ったプロジェクト4.1。

放射線を用いた実験で人体にどのような悪影響があるのかという
悪魔のような実験です。

結果は最悪でした。

1974年までに被験者の1/3が放射線による影響で
ガンを発症するなど絶句してしまう結果になっています。

政府がこのような実験を行うことが恐ろしいです。

ナチスの人体実験!

アウシュビッツ強制収容所などの最悪のことをしでかしたナチス。

人体実験もしており、低体温実験た感染症実験など
人を人とも思わない人体実験を行っています。

さらにマインドコントロールでどこまで操ることができるのか
といった衝撃的な内容もありました。

CIAが行ったマインドコントロール計画!

これは1950年〜1960年後半にかけてCIAが行った実験です。

被験者には一切何も知らせずにLSDを始めとする薬物を使いながら、
マインドコントロールをして脳の反応を記録したよのことです。

この実験により何も知らされていなかった被験者たちは
子供達だったそうで人生を大きく狂わされてしまいました。

孤児の吃音実験!

アイオワ大学でウェンデル・ジョンソンが1939年に行った実験です。

吃音を持つ孤児を集め、
吃音の原因などを調べるという名目で行われています。

2グループに分け、1グループにはうまく話せなかったとしても優しくし
もう1グループには吃音が出るたびに罵倒したそうです。

結果的に2グループ目の孤児たちは
永遠に吃音を治すことができないままだったそうです。

実験データ、解明のためにも必要となるデータもありますが、
子供達は犠牲になったと言えるのではないでしょうか。

さらに世界的に有名な梅毒という病に関しても
恐ろしい実験が行われていました。

男性たちを対象に行われた実験も最悪すぎる結果で終わっています。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

ヤクザの遺体処理方法!衝撃的で怖すぎる!

ヤクザの遺体処理方法… 衝撃的で怖すぎる…

これは知るべき事実!学校では教えない知られざる歴史に衝撃を受けた…

学校では教えてくれない歴史に衝撃を受けてしまいます。 これは、知るべき事実ですね!

こんなバケモンに遭遇したらどうすりゃいんだよ…。⇒デカすぎる巨大生物7選!

異常すぎるほど巨大化した巨大生物の画像7選をご紹介します!

死刑囚達が獄中で描いた絵!気持ち悪くてトラウマレベルだった!

死刑囚達が獄中で描いた絵… 気持ち悪くてトラウマレベルだった…

スシローの悲劇?活ホッキ貝がニュルニュル動く映像が衝撃的だった!

日本人といえば、生魚が大好きで特に寿司屋は大好物です。 最近では格安の寿司屋が多く登場し、100円で回転寿司を食べるというのは当たり前の時代となりました。 そんな回転寿司で有名な「スシロー」に行ったユ …