豆知識

泣き寝入りが多い痴漢被害!女子高生が考えた痴漢対策の効果が凄い!

投稿日:

泣き寝入りが多い痴漢被害…
女子高生が考えた痴漢対策の効果が凄い…

泣き寝入りが多い痴漢被害!

満員電車や夜道で繰り広げられる痴漢行為。

他人に対してわいせつな行為をはたらく、
許しがたい犯罪行為です。

2011年に警視庁が作成した
痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書によると
検挙件数は約3800件と増加傾向にあります。

また、上記の数字はあくまでも検挙された件数であり、
警視庁は羞恥心などから
被害申告をしない人も多数存在すると言います。

さらに、警察や交通機関に相談しても
不特定多数による行為には特定が難しいという理由から
対応してもらえないこともあるそうです。

それでは泣き寝入りするのも無理はありません。

さらに、日常生活の中において、
通勤・通学に利用する電車の中で痴漢被害に遭った女性の中には
満員電車に乗ることができなくなったといった後遺症が残る場合もあるそうです。

報告書によると痴漢被害に遭っても
警察に通報・相談していない人は304人中、271人。
なんと被害に遭った約89%が泣き寝入りしている状況なのです。

そんな事態に一石を投じるべく、
ひとりの女子高生が立ち上がりました。

女子高生が考えた痴漢対策の効果!

都内の学校に通う高校生のたか子さん(仮名)は
電車通学をする中でを始めてから1年間、痴漢被害に遭っていたそうです。

真面目な性格で制服もきちんと着用しているたか子さん。
スカートも長いのに痴漢被害に悩まされていました。
(一般的に痴漢は抵抗しなさそうに見える
大人しい人をターゲットにすると言います)

お母さんと防犯グッズを探し、
車内の立ち位置も工夫しました。

それでも被害はやみません。

「特定の痴漢につけ狙われているのなら、
同乗警護での対処が可能です。

でもいろいろな場所での
不特定多数の痴漢に対しては何もできません」

警察や交通機関に相談しても対応してもらえませんでした。

「もう、電車に乗りたくない…」

痴漢被害のせいで
憂うつな日々を過ごしていたたか子さん。

お母さんも娘が何事もなく学校に行けたか
毎日心配ばかりしていたそうです。

そんなある日、たか子さんとお母さんは
とあるアイディアを思いつきます。

それは『痴漢は犯罪です 私は泣き寝入りしません!』と書かれた
プラカードを通学バッグに着けること。

すると驚くことに痴漢被害は0件に。

バッジにして6ヶ月間使ってみたところ、
これまでのことが嘘のように
一度も痴漢被害に遭わなくなったのです。

「痴漢だって触る相手くらい選ぶだろ」

バッジをつけ始めた頃、
ヒソヒソとそんな話し声が聞こえてきたこともあったそうです。

しかし、たか子さんはこう思いました
「選ばれなくて結構」…と。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

iPhoneの充電器がダメになった場合「ある事」をすれば元どおりになり、何度でも復活する!

iPhoneの充電器がダメになった場合「ある事」をすれば元どおりになり、何度でも復活する…

無謀運転が減る看板!めちゃくちゃ説得力あると話題に!

無謀運転が減る看板… めちゃくちゃ説得力あると話題に…

日本人だけが持つ感性!奥深い日本語の文化に海外が感動する!

日本人だけが持つ感性…奥深い日本語の文化に海外が感動する…

人類が壊してしまった遺跡・観光地7選!人間はロクな事をしないと話題に!

人類が壊してしまった遺跡・観光地7選… 人間はロクな事をしないと話題に…

バラの茎をじゃがいもに刺すと!一週間経った結果が凄いと話題に!

バラの茎をじゃがいもに刺すと… 一週間経った結果が凄いと話題に…