体験談

キャバ嬢全盛期の時代に10代から水商売一筋だった女性の末路!悲惨すぎる!

投稿日:

かつて「女子高生のなりたい職業ランキング」にキャバクラ嬢がランクインされていた時代がありました。
最近ではランキングから外され、今の若い子達からは「将来性がない」と思われています。
今回はそんなキャバ嬢全盛期の時代に10代から水商売一筋の女の末路を紹介します。

10代から水商売一筋だった女性の末路!


2000年代後半は歌舞伎町でキャバクラブームだった。
その頃、キャバクラで大金を稼いだ女性はたくさんいると思います。

そんな中、東京から100km以上離れた
北関東に住むハルカさん(仮名)が、
水商売の世界に飛び込んだのは17歳の頃だったという。

「私が高校生の頃は「egg」や「popteen」などの
ギャル雑誌の全盛期でした。

高校中退も当たり前でその頃は身分証偽装でキャバクラに
面接に行くのが当たり前の時代でした。

私もその1人で学校をやめてすぐに
渋谷のギャル専門のキャバクラで働き始めました。

家から渋谷までは2時間掛かりましたが通い続けました。

仕事が終わったらお店の友達の家を渡り歩き、
ほとんど家には帰らない生活が続いてました。」

今ほど身分証の確認が緩かった時代なので
ハルカさんのように年齢を偽って働く女の子が溢れかえってました。

渋谷で働いても同じ境遇の子達ばっかなので
孤独になることはなかったという。

「地元は北関東の田舎なのでギャルの格好をしてると浮いてしまいますが、
渋谷に出るとすぐに友達も出来ました。

ギャル友の家を泊まり歩いて、
実家にはほとんど帰らない生活を続けてました。

18歳になると地元の同級生が
進学や就職で生活環境が変わっていきますが、
私の生活はほとんど変わりませんでした。

当時のキャバクラの時給は3000円前後で
月給16万で高卒で就職するなんて信じられませんでした。」

その後もキャバ嬢ブームに乗りバブルを味わう生活へ変わっていきました。

歌舞伎町で働きバブルを味わう!

18歳になったハルカさんは拠点を渋谷から新宿の歌舞伎町に移した。

「入店して間も無くキャバクラブームと歌舞伎町のプチバブルが来てたので
入店してすぐに稼げました。

時給は5000以上がザラでした。

客は闇金やオレオレ詐欺などの
アウトローの人達が中心で毎晩大金が飛び交ってました。

人生で初めてロマネコンティを飲ませて貰ったのもこの時でした。

時給は8000円にまで上がり毎日出勤して
月給100万以上稼いだ事もありました。」

2000年代後半になると
小悪魔アゲハの雑誌が大ブームとなり時代はキャバ嬢全盛期になりました。

「この頃は闇金の一斉摘発があり、客層は少し変わってしまいましたが、
時給は下がりませんでした。

稼いだお金は小悪魔アゲハの読モに憧れて
ブランドバッグとドレス、化粧品に消えていきました。

その頃の自分は有名店で働くことがステータスだったので、
ひたすら体験入店を繰り返していました。

この時は、仕事よりもブランドで固めて
着飾る事とキャバ嬢がゆえのチヤホヤされる優越感に浸っていました。」

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

TDLまでタクシーで3000円くらいだと言われたので乗車!あっという間に金額が超えてしまい!

TDLまでタクシーで3000円くらいだと言われたので乗車… あっという間に金額が超えてしまい…

満員電車でファー付きのフードを着てる人に物申す!あるあるだと話題に!

満員電車でファー付きのフードを着てる人に物申す… あるあるだと話題に…

最近の一人暮らしOLの実態!切なすぎると独身リーマンからも共感の嵐!

最近の一人暮らしOLの実態… 切なすぎると独身リーマンからも共感の嵐…

別れた元カレからのLINE!メンヘラすぎて恐怖を感じるレベルだった!

別れた元カレからのLINE… メンヘラすぎて恐怖を感じるレベルだった…

飛び降り自殺をしようとした高校生!止めるために母が財布から取り出したモノとは!

飛び降り自殺をしようとした高校生… 止めるために母が財布から取り出したモノとは…