驚き

実際に行われていた処刑方法!恐ろしすぎる!

投稿日:

『閲覧注意』
実際に行われていた処刑方法…
恐ろしすぎる…

現代の先進国においては法システムがきちんと機能して、
死刑においても公正な裁きのもと処刑が行われます。

しかし、かつては犠牲者の苦痛をできるだけ長引かせ
この世の地獄をとことん味合わせるよう
わざわざ考えられた残虐な処刑が実際に行われていました。

Scaphism

古代ペルシャで行われていた処刑方法。
犠牲者にミルクやハチミツを無理やり大量に食べさせて下痢を起こさせ、
裸の皮膚にハチミツを塗って木の幹に縛りつけ、淀んだ池の上に放置する。

その体や排泄物に虫が引き寄せられてたかり、
皮膚を食い破り卵を産みつけ始める。

壊疽が広がり、飢餓と脱水症状とショックで
じわじわと2週間以上かけて死に至る

ギロチン

苦しめずに人道的に処刑するためという理由で11の車裂きの刑の後、
1700年代後半にフランスで考案された。
フランスで最後にギロチンによる処刑が行われたのは1977年。

共和政心中刑

フランス革命時に行われていた男女を縛りつけて川へ沈める奇妙な処刑法。

セメント靴

アメリカのマフィアが好んで使った処刑方法。
足をセメントで固めて浮かんでこないようにして水に沈める

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

これには納得の一言!お酒を「飲める人」「飲めない人」のイメージ図が分かりやすいと話題!

お酒を「飲める人」「飲めない人」のイメージ図が分かりやすいと話題になっています!

小学生が起こした史上最悪の暴行事件!尼崎児童暴行事件の全容と噂が恐ろしい!

小学生が起こした史上最悪の暴行事件… 尼崎児童暴行事件の全容と噂が恐ろしい…

国からの一律10万円給付の申請が各地で開始!東京では13日給付申請が開始!耳を疑うような銀行窓口での様子!

※サムネイル画像はイメージです。 国からの一律10万円給付の申請が各地で開始…東京では13日給付申請が開始…耳を疑うような銀行窓口での様子…

10年間排便しなかった男性の驚愕の末路!圧迫されて心臓の位置が変わっていた!

10年間排便しなかった男性の驚愕の末路…圧迫されて心臓の位置が変わっていた…

宇宙で最も危険な5つの場所!宇宙は桁違いに恐ろしいところだった!

宇宙で最も危険な5つの場所… 宇宙は桁違いに恐ろしいところだった…