豆知識

江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる!今の時代では考えられない!

投稿日:

江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる…
今の時代では考えられない…

江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる!

少子化の現代、特殊出生率
1人の女性が障害出産する子供の人数)は
1.42に対し、江戸時代では地域差はありますが、
平均4〜5人と現在の4倍以上です。

女性の初婚年齢が20歳前後だったと考えられている江戸時代、
出産年齢は20代前半からスタートし、そこから十数年は出産を続けます。

江戸時代では高齢出産になる女性も結構いたそうです。

出産が多い理由!

多産の理由として当時は医療がまだ発達していないこともあり、
乳幼児の死亡率が非常に高かったことがあげられます。

生後1年までの死亡率は20〜25%とも言われ、
4人産んだとしても1人無事に成長するかどうか。

東北の農村など寒冷地では乳幼児死亡率が高くなるため、
初婚年齢、出産年齢ともに早くなり、
出産平均人数も増えたそうです。

「3年経っても子供が生まれなければ離婚」
と言われた江戸時代。

一家繁栄に繋がる出産はとても重要。

当時は産婦人科などによる妊婦健診などはないものの、
妊娠中の心得などを書いた手引書は数多くありました。

いつの時代も妊婦さんの関心が高い胎教。
クラシック音楽を聞いたり、絵本を読み聞かせたり、声をかけたりと方法は様々。

最近出てきたイメージのある胎教ですが、
実は江戸時代にも胎教の大切さがすでに紹介されていました。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

高級クリームと同じ成分のニベアクリームの意外な活用方法!ハンドクリーム以外の活用法が話題に!

高級クリームと同じ成分のニベアクリームの意外な活用方法… ハンドクリーム以外の活用法が話題に…

江戸時代の平均寿命がとてつもなく短い理由!その意外な理由が話題に!

江戸時代の平均寿命がとてつもなく短い理由… その意外な理由が話題に…

意外と知らないスーパーの雑学3選!値引きシールには隠された秘密があった!

意外と知らないスーパーの雑学3選… 値引きシールには隠された秘密があった…

たった100円で買えるウェディングドレス!その購入条件が厳しいと話題に!

たった100円で買えるウェディングドレス… その購入条件が厳しいと話題に…

刺さったトゲが上手く抜けない時の対処法!警視庁の公式アカウントが教える方法が目から鱗だった!

刺さったトゲが上手く抜けない時の対処法… 警視庁の公式アカウントが教える方法が目から鱗だった…