豆知識

江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる!今の時代では考えられない!

投稿日:

江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる…
今の時代では考えられない…

江戸時代の妊娠・出産がヤバすぎる!

少子化の現代、特殊出生率
1人の女性が障害出産する子供の人数)は
1.42に対し、江戸時代では地域差はありますが、
平均4〜5人と現在の4倍以上です。

女性の初婚年齢が20歳前後だったと考えられている江戸時代、
出産年齢は20代前半からスタートし、そこから十数年は出産を続けます。

江戸時代では高齢出産になる女性も結構いたそうです。

出産が多い理由!

多産の理由として当時は医療がまだ発達していないこともあり、
乳幼児の死亡率が非常に高かったことがあげられます。

生後1年までの死亡率は20〜25%とも言われ、
4人産んだとしても1人無事に成長するかどうか。

東北の農村など寒冷地では乳幼児死亡率が高くなるため、
初婚年齢、出産年齢ともに早くなり、
出産平均人数も増えたそうです。

「3年経っても子供が生まれなければ離婚」
と言われた江戸時代。

一家繁栄に繋がる出産はとても重要。

当時は産婦人科などによる妊婦健診などはないものの、
妊娠中の心得などを書いた手引書は数多くありました。

いつの時代も妊婦さんの関心が高い胎教。
クラシック音楽を聞いたり、絵本を読み聞かせたり、声をかけたりと方法は様々。

最近出てきたイメージのある胎教ですが、
実は江戸時代にも胎教の大切さがすでに紹介されていました。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

ゴールド免許の特権が凄かった!こんな特権を知っていれば違反なんてしなきゃよかった!

ゴールド免許の特権が凄かった! こんな特権を知っていれば違反なんてしなきゃよかった…

知ってしまったら2度と買えない物!知らないって恐ろしい!

知ってしまったら2度と買えない物… 知らないって恐ろしい…

写真家もビックリのミラクルタイミングショット!まさに運命の出会いだと話題に!

写真家もビックリのミラクルタイミングショット… まさに運命の出会いだと話題に…

世界の闇を訴えかける奇跡の天才アーティスト…彼が描く数え切れない伏線に考えさせられる!

世界の闇を訴えかける奇跡の天才アーティスト… 彼が描く数え切れない伏線に考えさせられる…

カップ麺の蓋をとめるのに最強の方法!この発想はなかったと話題に!

カップ麺の蓋をとめるのに最強の方法… この発想はなかったと話題に…