驚き

たった数日でミイラ化した船長!未だ謎に満ちた幽霊船が恐すぎる!

投稿日:

たった数日でミイラ化した船長…
未だ謎に満ちた幽霊船が恐すぎる…

未だ謎に満ちた幽霊船

世界各地で何世紀にも渡って船乗りが目撃してきた幽霊船ですが、
航海していると突然、目の前に現れる幽霊船は
悪いことが起きる前触れだとも言われています。

これだけ科学が発達した現在でも海にまつわる謎は計り知れません。

乗組員が奇妙な失踪を遂げ未だに解明されていない
謎に満ちた幽霊船を紹介します。

オクタビウス号

1775年8月11日、グリーンランド沖を漂流する難波線が
捕鯨船ヘラルド号により発見されました。

その際、ヘラルド号の船長と乗組員の5人で
難波線の内部を調査しました。

その驚くべき光景は
船内が時間ごと凍り付いていたのです。

船室のベッドには28人の乗組員、
デッキでは火を起こそうとしたままの男性、
窓際の椅子に座った女性、
そして船長室にはデスクに座り航海日誌を広げた船長。

全員が氷漬け状態で亡くなっていました。

それはまさにもの凄い冷気が一瞬で全てを凍らせたような光景でした。

あまりの恐怖にヘラルド号の乗組員は逃げ出し、
船長も航海日誌を回収しただけで捕鯨船に戻りました。

氷漬けの難波線はそのまま大海原の彼方へ消えていったそうです。

シー・バード号

シー・バード号は1750年、
アメリカのロードアイランド州に流れ着いた商船とみられています。

船には人間の姿はなく、犬と猫だけが残されていました。
人懐っこい性格で船の調査する人たちに嬉しそうに走り寄って来たと言います。

船の調査を終えるといくつかの手がかりが発見されました。

ストーブの上にはコーヒーやコインが置かれたまま、
朝食の支度がされており、
まだタバコの残り香もしていました。

船には災害や反乱があった形跡もなく、
誇りがないほど掃除も行き届いていました。

乗組員消失の唯一の手がかりは航海日誌に書かれた最後の
「ブラントン岩礁発見」というものでした。

船の救命ボートも無くなっており、
ボートと乗組員は永遠に消えたまま
行方がわからなくなっています。

メアリ・セレステ号

世界的に有名なメアリー・セレステ号は幽霊船の代表格とも言えます。

1872年11月、
ベンジャミン・ブリッグス船長は
妻、2歳の娘、そして八人の船員と共に
メアリー・セレステ号に乗船しました。

船はニューヨークを出発し、イタリアまで行く予定でしたが、
わずか1ヶ月後に無人で発見されました。

船からは救命ボートがなくなっており、
積載されていた工業用アルコール6樽も空になっていました。

また、積載された6ヶ月分の食物と水は手付かずで残っていた他、
船にダメージや争いの痕跡も見つからなかったと言います。

この謎には諸説があります。

それは乗組員による暴動、海賊の襲撃、海の怪物、食中毒、
暴風雨、工業用アルコールの爆発等です。

しかし、原因は未だに解明されておらず、
メアリー・セレステ号はこれまでで史上最大の謎を秘めた
幽霊船として語り継がれています。

レゾルベン号

1884年8月、
レゾルベン号は別の船によって発見されました。

船からは何の応答もなく、乗組員たちが船に乗り込んでみると
船内には何のトラブルの兆候もなく、
最近まで誰かが住んでいたかのように見えたと言います。

ギャレーには灯がともり、テーブルには食事の用意がされていましたが、
それを食べる人間はいなかったのです。

ただ、唯一の手がかりは船長が蓄えていた金貨と
救命ボートが無くなっていたということです。

ベイチモ号

1914年にスウェーデンで建造され、ハドソン湾会社が所有していた
1322トンの鋼鉄製蒸気貨物船。

カナダ、ノースウエスト州湾岸のビクトリア島に住む
イヌイットとの毛皮と食料の交易に使用されていました。

1931年10月1日、
交易航海の終わりころに毛皮の貨物を積載していた
ベイチモ号は叢氷に閉じ込められてしまいました。

乗組員はあっさりと船を放棄して氷上を2日かけてバロー市へ避難しました。

2週間後の10月15日、
ハドソン湾会社は飛行機を飛ばし、22名の乗組員を救出、
残りの15名の乗組員はベイチモ号の船内に残りました。

残された乗組員たちは氷が溶け
冬が終わるまで待つつもりで少し離れたところに
木造のシェルターを建て生活しました。

11月24日、辺り一面に激しいブリザードが吹きましたが、
半日程が経ち、天気が回復すると
ベイチモ号は跡形もなく消えていました。

ベイチモ号の最後の目撃記録は船は放棄されて
38年後の1960年にイヌイットのグループが発見したそうです。

2006年、アラスカ州政府はまだ海上にあるのか
沈んでしまったのかに関係なく北極海域の幽霊船ミステリーと
ベイチモ号の居場所解明プロジェクトを開始しました。

しかし、未だにベイチモ号の発見報告はないそうです。

ハイ・エイム6号

2002年10月、中国船籍のハイ・エイム6号は
台湾を出港しました。

2003年1月にオーストラリア付近で
乗組員がいない状態で発見されました。

なぜこの船が放棄されたのかは一切不明で
食品も良好な状態で貯蔵されており、
移民が密入国を企てた様子もありませんでした。

しかしその後、唯一の生き残りとなる乗組員が発見され、
再びニュースとなりました。

その乗組員によれば船長と
エンジニアの2人が乗組員全員を殺害し、
2人は自分の国に戻ったということです。

この殺人事件の背景は謎のままとなっています。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

地球は青くも丸くもなかった!?NASAが公開した地球の本当の姿に驚く!

NASAが公開した地球の本当の姿に驚きを隠せない…。 地球は、青くも丸くもなかった!?

お母さんから、妊娠おめでとうとお祝いと支援のために100万円をもらいました!するとそれをしった旦那さんがまさかの行動に!

お母さんから、妊娠おめでとうとお祝いと支援のために100万円をもらいました…するとそれをしった旦那さんがまさかの行動に…

花の蜜を食べて生きる中国人女性!思わぬ形で本当の姿がバレる!

中国鄭州市に住む15歳の中国人女性がネットで話題となりました。 その女性は花の蜜を食べて生きているそうです。 しかし、思わぬ形で本当の姿がバレてしまいました。

とある男性が、勘違いされての住人に通報され警察が来てしまった話が話題に!皆さんもお気をつけください!

とある男性が、勘違いされて住人に通報され警察が来てしまった話が話題に…皆さんもお気をつけください…

交通事故で二つに切断された息子!母が元に戻そうとする姿が辛すぎる!

交通事故で二つに切断された息子の体。 何度も何度も息子の頭を胴体にくっつけようとする母親の姿・・・ 今回は一つの家族がどのように破壊されたのか紹介します。