豆知識

江戸時代のお風呂とトイレ事情!嘘のような実態が衝撃的だった!

投稿日:

江戸時代のお風呂とトイレ事情…
嘘のような実態が衝撃的だった…

混浴が当たり前だった江戸時代の風呂屋。
現代からすると江戸のお風呂は驚きに満ちています

お風呂に入ったり洗髪する頻度はどうだったのか?など
江戸時代のお風呂事情とトイレの実態を紹介します。

江戸のお風呂事情

江戸時代には家にお風呂はありません。

江戸には水道が引かれていました。
ただ、水は非常に貴重であり、燃料の薪も高価。

そのため、風呂を持っている家は殆どありませんでした。

武士だろうが大商店の主人だろうが
貧乏長屋の家族だろうが
みんな公衆浴場=銭湯に通っていました

銭湯は江戸では湯屋と呼ばれていて
「ゆや」、「ゆうや」と読みます。
ちなみに京や大阪など上方では風呂屋と呼ばれていました。

実は江戸の人達はお風呂が大好きだったんです。
その頻度は仕事前に朝風呂、仕事終わりに夕風呂と
少なくとも2回は入ったそうで1日4〜5回入るなんてことも。

江戸時代の初期には新しい街づくりが始まり
全国から土木・建設作業員が上京しましたが
働いた後の土やほこりにまみれた身体を綺麗にするため
風呂が欠かせなかったのです。

そのため、銭湯が急発達し江戸の町中にいくつもの湯屋ができました。

「月数回しか入らないんじゃ・・・」

「不衛生なんでしょ!」

と思われる方が多いので意外ですね。

1日に何度も湯屋に行くため
江戸っ子の肌は乾燥していたそうですが、
これを垢抜けたといって粋がっていたとも言っていたそうです。

また、武士たちは銭湯に来るときにも刀を身につけているため、
入る前に刀をとらなければなりません。

刀を置く場所が必要だったため、
男湯にだけは2階に座敷が設けられてたとされています。

銭湯の入浴料金

入浴料金は大人8文(約120円)子供6文(約90円)
そば1杯の値段の半分。

さらに、お風呂好きには嬉しいことに「羽書」というフリーパスもあり、
1ヶ月148文(約2200円)で何度も入浴することが出来ました。

営業時間についてははっきりしていませんが、
朝6〜8時に開店、夜も8時頃まで営業していたとされています。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

1928年のサラリーマンの1日!ホワイト過ぎて憧れると話題に!

1928年のサラリーマンの1日、ホワイト過ぎて憧れると話題に…

世界の衝撃すぎる性の風習!日本じゃ考えられない!

世界の衝撃すぎる性の風習… 日本じゃ考えられない…

救急車1台あたりの値段!想像を遥かに超える価格だった!

生死に関わるような緊急時に出動する救急車ですが、 この救急車の1台の値段は知っていますか? 今回はそんな救急車1台あたりの値段を紹介します。

子供が溺れる時の本当の姿!溺れたら気づくと思ったら大間違いだと小児科医が警告!

子供が溺れる時の本当の姿… 溺れたら気づくと思ったら大間違いだと小児科医が警告…

シャツの後ろの輪っかの名称!役割には意外な意味があった!

シャツの後ろの輪っかの名称と役割… この輪っかには意外な意味があった…