豆知識

江戸時代のお風呂とトイレ事情!嘘のような実態が衝撃的だった!

投稿日:

江戸時代のお風呂とトイレ事情…
嘘のような実態が衝撃的だった…

混浴が当たり前だった江戸時代の風呂屋。
現代からすると江戸のお風呂は驚きに満ちています

お風呂に入ったり洗髪する頻度はどうだったのか?など
江戸時代のお風呂事情とトイレの実態を紹介します。

江戸のお風呂事情

江戸時代には家にお風呂はありません。

江戸には水道が引かれていました。
ただ、水は非常に貴重であり、燃料の薪も高価。

そのため、風呂を持っている家は殆どありませんでした。

武士だろうが大商店の主人だろうが
貧乏長屋の家族だろうが
みんな公衆浴場=銭湯に通っていました

銭湯は江戸では湯屋と呼ばれていて
「ゆや」、「ゆうや」と読みます。
ちなみに京や大阪など上方では風呂屋と呼ばれていました。

実は江戸の人達はお風呂が大好きだったんです。
その頻度は仕事前に朝風呂、仕事終わりに夕風呂と
少なくとも2回は入ったそうで1日4〜5回入るなんてことも。

江戸時代の初期には新しい街づくりが始まり
全国から土木・建設作業員が上京しましたが
働いた後の土やほこりにまみれた身体を綺麗にするため
風呂が欠かせなかったのです。

そのため、銭湯が急発達し江戸の町中にいくつもの湯屋ができました。

「月数回しか入らないんじゃ・・・」

「不衛生なんでしょ!」

と思われる方が多いので意外ですね。

1日に何度も湯屋に行くため
江戸っ子の肌は乾燥していたそうですが、
これを垢抜けたといって粋がっていたとも言っていたそうです。

また、武士たちは銭湯に来るときにも刀を身につけているため、
入る前に刀をとらなければなりません。

刀を置く場所が必要だったため、
男湯にだけは2階に座敷が設けられてたとされています。

銭湯の入浴料金

入浴料金は大人8文(約120円)子供6文(約90円)
そば1杯の値段の半分。

さらに、お風呂好きには嬉しいことに「羽書」というフリーパスもあり、
1ヶ月148文(約2200円)で何度も入浴することが出来ました。

営業時間についてははっきりしていませんが、
朝6〜8時に開店、夜も8時頃まで営業していたとされています。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

アルゼンチンの農家で発見された巨大な卵!その卵の正体が話題に!

アルゼンチンの農家で発見された巨大な卵… その卵の正体が話題に…

「君たち死にたいの?」命知らずの自転車乗りたちへ警笛を鳴らす漫画が話題に!

「君たち死にたいの?」 命知らずの自転車乗りたちへ警笛を鳴らす漫画が話題に…

ほとんどの場合近くまで行かないと空きか使用中か分からない駅のトイレ!画期的な京都駅のトイレが話題に!

ほとんどの場合近くまで行かないと空きか使用中か分からない駅のトイレ…画期的な京都駅のトイレが話題に…

マスク不足に悩む中、警視庁警備部災害対策課のTwitterで紹介!簡易マスクの作り方が話題に!

マスク不足に悩む中、警視庁警備部災害対策課のTwitterで紹介…簡易マスクの作り方が話題に…

「日本語はわからないからお前がタイ語を覚えて注文しろ」タイ料理屋のシステムが斬新すぎると話題に!

「日本語はわからないからお前がタイ語を覚えて注文しろ」 タイ料理屋のシステムが斬新すぎると話題に…