驚き

大失敗に終わった恐ろしい臨床試験10選!人類の発展の為とは言えこれはムゴイ!

投稿日:

臨床試験は、医薬品の認可を得るために必要な最初のステップです。
多くの場合、この臨床試験は順調に進んで薬は認可されます。
しかし、ときには大失敗という結果に終わることもあるのです。

大失敗に終わった恐ろしい臨床試験10選!

臨床試験に殺された息子

ミネソタ大学の臨床試験で息子を亡くしたメアリー・ワイスは
その日の出来事を世界中に広めようとしています。

2003年、メアリーの息子、ダン・マーキンソンは統合失調症と診断され、
ミネソタ大学病院に入院しました。

彼は病院でクエチアピンを含めた、
3種類の統合失調症の薬の臨床試験に参加しました。

しかし、毎日クエチアピンを摂取していく中で
彼の統合失調は悪化していきました。

メアリーは息子を返すように言いましたが、
病院側はそれに応じようとはせず、その後も試験は続きました。

最終的に5人の被験者のうち、ダンともう1人が自殺。
これに対しメアリーは病院を起訴しましたが、
病院側はそれを認めようとはしませんでした。

バイオトライアルの悲劇

フランスの製薬会社、バイオトライアルは
2016年1月、128人の被験者を募集し、
癌やパーキンソン病に関連する新薬の臨床試験を行いました。

1週間後に薬の投与量を増やすと、問題が発生し始めました。

被験者のうち6人が病気になり、
20代後半の被験者が2週間後に脳死と判定されました。

他の5人は安定状態にありましたが、
脳障害を患っている可能性があるとされています。

あるニュース局はこの会社が同様の試験を犬に対して行ったとき、
何匹かが死亡したにも関わらず、
人間に対しての臨床試験を行ったと明かしました。

奇形を引き起こす薬

サリドマイド、主に呼吸器感染症を治療する目的でドイツで製造されましたが、
のちにこの薬が胎児に対して悪影響を及ぼすことが判明しました。

1960年代に生まれた1万人以上の子供たちが、
四肢の欠損や奇形などの症状を起こしました。

ほかの臨床試験と違うのは
サリドマイドの呼吸器感染症に対する効果自体は
有効だったということです。

オーストラリアの医師、ウィリアム・マクブライドが
サリドマイドと奇形の関係を発見した1961年まで、
多くの人々がサリドマイドを使用していたのです。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

思わず二度見しちゃう殿堂入り爆笑画像15選!

\♡『いいね』お願いします♡/ これは強烈!思わず吹き出しちゃう爆笑画像を集めてみました! 二度見しちゃう強烈すぎな爆笑画像① ネットには思わず吹き出しちゃうような画像がたくさんありますよね。 例えば …

70年間飲まず食わずだという老人!15日間病院で観察したら衝撃の事実が判明!

70年間飲まず食わずだという老人… 15日間病院で観察したら衝撃の事実が判明…

「絶対彼女にしたくない血液型ランキング」意外な第一位とは?

\News BFC に『いいね』お願いします/ とある恋愛マッチングサイトが行った「絶対彼女にしたくない血液型ランキング」が話題に。 気になる第一位とは? 意外な結果にビックリ・・・ 彼女にしたくない …

「37.5度以上4日以上」は誤解だったとの発言に物議が!これを受け50代父親を亡くした女性から、報道番組Nスタに届いた訴えに涙が!

「37.5度以上4日以上」は誤解だったとの発言に物議が…これを受け50代父親を亡くした女性から、報道番組Nスタに届いた訴えに涙が…

未だ解明されていない世界で謎の恐怖写真14選…あなたはいつく信じられますか?

未だ解明されていない世界で謎の恐怖写真14選… あなたはいつく信じられますか?