泣ける話

元爆発物探知犬は大勢の人に見送られた!21発の礼砲を捧げられながら天国へ旅立つ!

投稿日:

世界大戦で気が遠くなるほどの人命が失われたのにも関わらず、人間は今でも争い続けています…。

今回は、人間の争いによって生まれた戦争の戦地で大活躍した1匹の犬がいました!

戦争の戦地で大活躍した1匹の犬

こちらの犬は「ライアランド」という名前の犬です。

出典:media3.s-nbcnews.com

一見すると普通の愛玩犬に見えます。

しかし、彼女は爆発物探知犬としてイラクで活躍していました。

アメリカ海軍の軍役犬だったのです!

戦地で、活動を続けていたライアランドですが、退役後に病気のため、亡くなってしまいました。

任務を全うしたライアランドと彼女に敬意を表す海兵隊員の物語をご紹介します。

21発の礼砲を挙げて天国へ

出典:media3.s-nbcnews.com

彼女は2009年に退役し、年長のハンドラー(犬を誘導する人)であったジョシュ・サザーランド軍曹に引き取られ、

アメリカで幸せに暮らしていました。

しかし、あるときに体調が急変したそうです。

突然食べることも水を飲むこともできなくなり、無気力で高熱にも苦しんでいました。

そして、8月8日に癌で天国に旅立ったそうです。

お葬式にはサザーランド一家の家族や友人、

他にも動物病院のスタッフや退役軍人会のメンバーもライアランドとの別れを惜しみ参列してくれました。

「その瞬間、こみ上げてくるものがあり言葉になりませんでした。 ですが、晴天に恵まれライアランドを送り出すには最高の美しい日でした。」

星条旗を受け取ったサザーランドさんは、その時の事をこのように語りました。

出典:media3.s-nbcnews.com

出典:media3.s-nbcnews.com

現役当時の事を、サザーランドさんはこう語ります。

「普段はごく普通のエネルギッシュでハッピーな女の子でしたが、仕事になると真剣そのものです。 一度始めると止めないのです。心から自分の任務に誇りを持って取り組んでいました。」

ライアランドは退役後、すんなりとサザーランド家に馴染んだとのこと。

妻のケイリンさんや2人の息子さん、先住の犬ともすっかり打ち解けていました。

現在のサザーランドさん

サザーランドさんはライアランドとの出会いがきっかけで、現在は

「アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸安保庁」

で働いているそうです。

「ドックトレーニングやハンドリングが任務でなければ、あれほど長く海兵隊に任務を続けてはいなかったと思います」

このように語るサザーランドさん。

出典:media3.s-nbcnews.com

危険にさらされる軍用犬や警察犬は、世間から賛否両論があるのは事実。

しかし…彼らのおかげでたくさんの命も救われました。

そのような使命を背負って、多くの使役犬は任務に誇りを持って遂行しているのです。

多くの命を救ってくれたライアランドはどうか安らかに眠って下さい。

出典:www.today.com

 

 

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

怪我をして保護されたペンギン。 別れの時に見せた『ありがとう』に涙する!

幼い頃に怪我をして保護されたペンギン。 保護主との別れの瞬間に見せた『ありがとう』に涙する…

天国に行ったママを探すために警察に電話をかけた男の子!警察官の心温まる行動に思わず涙!

天国に行ったママを探すために警察に電話をかけた男の子… 警察官の心温まる行動に思わず涙…

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。『これください』薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』買いに来たものを知って涙が止まらない!

ひとりで薬局に来た8歳の女の子『これください』 薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』買いに来たものを知って涙が止まらない…

祖母を置き、逃げた自分を呪う女性大生!心療内科がかけた救いの言葉が暖かく泣ける!

祖母を置き、逃げた自分を呪う女性大生… 心療内科がかけた救いの言葉が暖かく泣ける…

『誰か・・娘のチューブを消せますか』娘を亡くした父親が望んだ、たった一つのこと…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 産まれたばかりの我が子を亡くした父親からの願いが、世界中の人々の心を動かします。 ある日、アメリカ最大級の掲示板と呼ばれる”reddit”と、画像共有サ …