泣ける話

交通事故で植物人間になった6歳の子供に奇跡を起こした犬。涙と感動を呼び起こす!

投稿日:

 

\News BFC に『いいね』お願いします/

交通事故によって命はとり止めることはできた6歳の子供。 しかし、植物人間状態となってしまった彼を救ったのは一匹の犬の存在でした。

交通事故によって植物人間になった子供

出典:Google画像 アメリカ、ユタ州ハンツビル、そこに住むカレブ・ハワード君。 6歳の男の子です。 不幸にも交通事故に巻き込まれ、全身骨折と外傷性脳損傷という脳に重い損傷を負うの重体となってしまいました。 命はとり止めることができましたが、植物状態となってしまい、意識が回復したものの、カレブ君の意思や感情がない状態が続きました。 医師からは元の状態に戻れる可能性は絶望的だと宣告されました。 まさにカレブ君は植物人間になってしまったのです。 誰の呼びかけにも反応しません。 両親は悲しいながらも、カレブ君が何とか植物人間状態から回復しないかと思案してました。 両親の必死の思いが叶ったのか、両親は犬による奇跡に賭けたのです。 カレブ君のもとに一匹のセラピー犬がやってきました。 その犬との出会いがカレブ君にもたらす奇跡とは、一体何でしょうか?

セラピー犬の「カーネル」と植物人間の子供から回復へ

出典:Google画像 カレブ君のリハビリの一環としてセラピー犬であるゴールデンレトリバーのカーネルが連れて来られました。 ある方の紹介でやって来たのです。 セラピー犬とは人を癒す為に特別に訓練された犬です。 両親の願いは、カレブ君が笑ったり、お喋りしたり、普通の6歳の子供の感情を取り戻したいことです。 その願いをカーネルに託しました。 カレブ君はカーネルと出会ったことで少しづつですが回復の兆しが見え始めました。 いままで、誰の呼びかけにも対応しなかったカレブ君が、カーネルと一緒にいることで明らかに元気を取り戻したのです。 少しづづですが確実にカレブ君の意志が戻ってきています。 カーネルとの触れ合いによってどんどん回復しているのです。

カーネルは奇跡をもたらした

出典:Google画像 カーネルとの約1か月に渡るリハビリによって、カレブ君に奇跡が何度も起きました。 最初の奇跡は、出会ったころ。 何も反応しない瞳が動いたのです。 カーネルを観ようとしたのです。 カーネルが寄り添うと周りのことに反応します。 また必死にカーネルを触れようとします。 カレブ君も目まぐるしい回復に医者も驚くばかりです。 カーネルが寄り添う事でカレブ君はどんどん回復し、ついに歩けるようになったのです。

セラピー犬の役割、奇跡の数々に驚愕

出典:Google画像 カレブ君の回復について作業療法士のリサ・バーンズさんは

カレブ君のような重体に陥った子供たちは、体と同じように心も深く傷ついています。 子供たちの機動性を回復させるには、何かきっかけとなる動機が必要です。 カレブ君の場合は、そのきっかけがカーネルというセラピー犬でした。 カレブ君に「カーネル」ともっと一緒に遊びたい、触れ合いたい”と強く願う気持ちがきっと芽生えたのだと思います。

そう語ってます。 交通事故のあまりの辛さで負った傷がいやされず、意志さえ閉ざしてしまったカレブ君の心。 そこにすっと入ってきたカーネル。

カーネルに触りたい! カーネルと遊びたい!

純粋な子供の感情が呼び起こされたのですね。

カレブ君が植物人間状態から回復するまでのカーネルと過ごした奇跡の記録です。

▼ぜひ、ご覧ください。

ネットでの声

  • セラピー犬と子供の回復に涙が溢れます。
  • 奇跡は起こるんですね。
  • カレブ君が回復してよかったです。
  • 日本にもセラピー犬は活躍してるのかな?
  • 犬の能力に驚いた。

生きていると何が起こるかわからないとは言いますが、わずか6歳の子供には惨いことです。 カレブ君はセラピー犬のカーネルとの出会いによって、意志を取り戻しました。 犬の持つセラピーの力なのか? 子供の本能的な力なのか? 見事に回復できたことに感動いたします。 やはり犬は人に寄り添ってくれる動物なんですね。

 

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カップルがバイクの死亡事故に…⇒彼が彼女にした最期の優しさに涙した。

\News BFC に『いいね』お願いします/ カップルがバイクの死亡事故にあい、彼が彼女にした最期の優しさに涙が止まりません… バイクツーリングするカップル 出典:cloudfront.net ある …

とある男性はなぜか仕事のやる気が起きず欠勤!それが数日続いた時、強面の上司が家にやってきてこんな言葉をかけてくれた!

とある男性はなぜか仕事のやる気が起きず欠勤…それが数日続いた時、強面の上司が家にやってきてこんな言葉をかけてくれた…

ダウン症を抱えている娘を持つ母親!カフェで見知らぬ人の言葉に涙が止まらなかった…。

ダウン症を抱えている娘を持つ母親がカフェにいると見知らぬ人から声をかけられた。 母は、見知らぬ人からかけられた言葉に涙が止まらなかった…。

愛犬の遺灰をいつも遊んでいた公園に撒いた!すると信じられない光景が!

アメリカ・シカゴで暮らすアシュリー・ラングさんは、愛犬・ゴールデンレトリバーのワグナーと幸せに暮らしていました。

生まれた時から、さよならまで記録した飼い主とペットの写真に涙が止まらない…。

生まれた時から、さよならまで記録した飼い主とペットの写真15枚をご紹介します!