いい話

いじめで自殺を決意した私に兄ちゃんの言葉と行動に命を救われた兄妹愛に感動!

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

いじめの問題は後を絶たない社会問題です。 いじめで自殺まで追い詰められた妹を救った兄ちゃんの言葉とは? 兄妹の絆で妹の命を救う行動に感動。

自殺まで考えるいじめの辛さ

出典:Google画像 もうだいぶ前のことです。 わたしは中学の頃、学校でいじめにあっていました。 教室に入れなくて いつも保健室にいました。 いじめの事は家族にも言えず、ただ私のワガママで保健室に通っているだけと教師や両親は思っていたみたいです。 いじめは段々とエスカレートし どんどん陰湿になっていきました…。 わたしはいい子のふりをしていたんですね。 回りに心配かけたく無くて いつも無理して笑っていた。 もう限界まで来ていたのでしょう。

「もう死にたい。。。 辛すぎるよ。 なんで私ばっかり、こんなつらい思いをするの。。。。」

そう決心したある日のことです。 高校生の兄ちゃんが修学旅行から帰って来て 私にお土産をくれたのです。 そのことが私の人生を大きく変えました。 一体兄ちゃんと何があったのでしょうか?

『こんなのいらない!!』 兄ちゃんに言った本心

出典:Google画像 高校生の兄ちゃんがくれた修学旅行のお土産はどこかのドライブインに 売っているような キーホルダーのオルゴールでした。 内心私は、

「長崎に行って来たハズなのに…。 なんでわたしだけ長崎のお土産を くれないの!」

無性に怒りの感情が沸き上がって来た。 「兄ちゃんは、いつも私をいじめていた!!」 幼い頃から、兄ちゃんと常に一緒にいたが 兄ちゃんにはいつもイジメられた記憶しか無い事も思い出した。 そう思った瞬間 、学校でのイジメと重なり、

『こんなのいらない!!』

私はそのお土産を兄ちゃんに投げつけてしまった…。 すると、その衝撃でオルゴールがなりだした。

『涙など見せない強気なアナタを こんなに悲しませてるのは誰なの?』 って言う歌詞の曲が…。

わたしは茫然と立ちすくんでいた。

兄ちゃんありがとう。いじめていいのは兄ちゃんだけだよ

出典:Google画像 初めて兄ちゃんが泣いているのを見て、 わたしは茫然となってしまった。 兄ちゃんは、何も言わずに そのお土産を拾おうとしゃがんだ。 兄ちゃんは泣いていた。 呆然としていると、私を兄ちゃんがポツリと言った。

『お前をイジメて良いのは 兄貴の俺だけだ。 それ以外のヤツが お前をイジメるのは許せない。 俺は知ってるから お前が家で我慢して笑ってる事。 小さい頃からいつも 俺の前で泣いてたんだから、 我慢なんかしなくて良いんだぞ。 俺はイジメてばかりの兄貴だけど 、他人に妹をイジメられて 黙っていられる兄貴じゃないからな。』

私は号泣 した。 つっかえていたものが一気に溢れ出たように、学校のイジメの事を全て吐き出しました。 あまりに興奮して喋ったのと、泣きすぎて喘息で咳き込みながら 全部隠さず話しました。 兄ちゃんは横に座って黙って私の話を聞いてくれていました。 全部話し終わると 、

『よく頑張った』

と一言言って、頭をポンポンと撫で てくれ、

『今日は寝ろ 明日は学校行かなくて良い』

と言って部屋から出て行きました。

兄ちゃんにありがとう…..。

兄ちゃんの行動に感動

出典:Google画像 兄ちゃんの話し、私は寝床に横になりました。 暫く一階で母親と兄ちゃんが会話している声が聞こえてきました。 翌日から暫く学校を休み再び登校すると イジメはかなりされなくなっていました。 その理由を教師に聞くと さらに驚くとともに、兄妹のありがたみを実感しました。 兄ちゃんは単身で妹の私を守るために中学の教員室に乗り込み ぶちギレて行った様でした。

俺の妹がいじめられてるのに、なんで先生たちは気が付かないんだ! 自殺までしようと追い詰められてるんだぞ!」

高校の生徒会長が乗り込んで来た為 教師も慌てていじめに関して動き 出したのです。 私を含め多人数が 、いじめの被害にあっていた事も判明したのです。

「兄ちゃんの行動は一生の宝物です。」

 

兄妹の絆

出典:Google画像 何年か後、私は旦那と知り合い 結婚式を挙げた時のことです。 兄ちゃんは旦那にこういったのです。

『小さい頃から、 俺は妹をイジメて泣かして来た。 でも、お前をイジメるヤツは俺は許さない どうかこれからは 俺の変わりに守ってやってくれ。』

そう言った兄ちゃんに私は

「兄ちゃん 今日は兄ちゃんの結婚式だよ。 お返しに今日は 私が兄ちゃんを泣かすから。」

お話はここまです。 私は兄妹仲良く、たまに兄ちゃんだけにいじめられてますが幸せです。 あの頃はいじめがなくなり、お兄ちゃんとも仲良くなれてよかったです。 兄妹ってやはりいいですね。 日頃いじめている兄ちゃんなのに、いざっていう時は妹を守ってくれる大きな存在ですね。

ネットでの声

  • いじめによる自殺を無くすのは家族、兄妹の理解が必須なんだろう。
  • お兄ちゃんナイスフォローです。かっこいいお兄ちゃんをもってよかったです。
  • 生きる選択ができてよかった。
  • 学校はいつも怠慢だ。
  • いじめはなんでなくならないのだろうか?

今回の女性は兄の妹絵の愛情の深さで命を落とさずに済みました。 いじめは孤独が危険なんでしょうね。 ひとりで抱え込まない。 周りのサポート体制を整える。 と言っても、先生たちも少しはイジメがあるのわかっていても、これぐらいは大丈夫という感覚があるのかもしれません。 しかし些細なイジメのようでも、本人にとっては自殺するほどの事なのかもしれません。 もっと本音だ語れる家族や兄妹、学校があったらいじめ被害者も気持ちが楽になるようにも思えます。 サポートの強化を目指し、若い命を失わなくて済むような世界を作りましょう。

 

参照元https://newtrendys.com

-いい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ぼくの人生こんぺいとう」自分の発達障害について書いた小学生の作文に心打たれる!

発達障害は診断が難しく、人権の問題もあるため、発達障害を持つ人の数は正確にはわかっていません。 しかし、実際は児童の約10%が、発達障害を抱えているのではと言われています。 今回は自分の発達障害につい …

熱中症対策に加えコロナの問題も!茨城県のつくばみらい市の小中学校で、始まったこのような取り組みに賞賛の声が!

熱中症対策に加えコロナの問題も…茨城県のつくばみらい市の小中学校で、始まったこのような取り組みに賞賛の声が…

とある男性は駅で倒れた親友を、介抱していると冷たい言葉を浴びせられたり蹴られたり!そこに現れた一人の男性が!

とある男性は駅で倒れた親友を、介抱していると冷たい言葉を浴びせられたり蹴られたり…そこに現れた一人の男性が…

バレンタイン当日、奥さんのおばあちゃんが送ってくれたチョコレート!受け取れず落ち込んでいた!するとクロネコヤマトの配達員が!

バレンタイン当日、奥さんのおばあちゃんが送ってくれたチョコレート…受け取れず落ち込んでいた…するとクロネコヤマトの配達員が…

結婚して2ヶ月ほどで難病になってしまった!とある女性のエピソードが話題に!

結婚して2ヶ月ほどで難病になってしまった…とある女性のエピソードが話題に…