泣ける話

女性「現場って汚いし品が無い」と言う心無い言葉⇒現職の大工さんが示したものが心に刺さる…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

女性「現場って汚いし品が無い」と言う心無い言葉。 現職の大工さんが示したものが心に刺さる…。

「現場」で働く人を見下した発言を聞いた大工

「現場って汚いし品が無い」

この発言対して、大工さんが示したモノに心を打たれる… 現職の大工さんである男性が偶然立ち寄ったコンビニで、ある女性二人の会話を耳にしました。 その内容は、大工を見下すような悪意に満ちていました。

  • 「現場って品ないよな」
  • 「汚れすぎやろ」

もし自分が言われたら…と考えると、その場で激怒し言い返すかもしれない。 そう思われた人も多いでしょう。 しかし… ある男性が、その場で二人に言い返す代わりにTwitterで1枚の写真と共に「現場」で働くことの誇りと意義を示して、反論の投稿をしたのです。

大工さんが示した現場の「誇り」

投稿者はTwitterユーザーの(@satoyan6969)さん。

昨日コンビニ寄ったら女二人おってこっち見ながら『現場って品ないよな』『汚れすぎやろ』て 言うてんの聞こえた。まぁええけどひとつだけ。お前らが住んでる家、通ってる会社、通ってる学校、 全ての建物その汚い品ない大工達が命かけて建ててんねん。 pic.twitter.com/NbHvU0E2Ji — さとやん@Islet (@satoyan6969) 2015, 2月 12

さとやんさんのツイートにある

「すべての建物はその汚い品ない大工たちが命がけで建ててる」

は、全くその通り、心に突き刺さって来る言葉ですね。 目眩がするような高い場所で作業する様子を捉えた現場写真。 そこで働く人々の誇りと意義を強く感じます。 このような厳しい環境で、家や建物を建ててくれる職人さんたち。 仕事とはいえ、敬意を表します。 コンビニで悪口を言った女性二人は、これらの背景を知っても暴言を吐けるでしょうか? このツイートは大きな反響を呼び、共感や応援の声が続々寄せられました。

共感や応援の声

@satoyan6969 フォロー外から失礼します。 私の父も建設とかに関わる仕事で、ドロドロで、 しかも傷だらけで帰ってくるんですよね。それでも、毎日頑張って仕事してくれてるんです。 そんな人に汚いとか言う人は最低だと思いました。 言葉足らずですいません。お仕事頑張ってください。 — ひいらぎ@10/31誕生日 (@_hiragi_com) 2015, 2月 14

足場の不安定な高所での撮影に心配の声も上がっていましたが、 さとやんさんはそれに対して、きちんとこう説明を返しました。

@yuzu_0805 あ、わざわざ丁寧なコメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ! 実は現場監督と大工の先輩に腰道具持ってもらいながら安全帯つけて撮影しました笑 怪我ないように頑張ります! ありがとうございます^_^ — さとやん@Islet (@satoyan6969) 2015, 2月 25

恐らく現場監督も先輩も(@satoyan6969)さんから話を聞かされて、自分たちの心意気を示すつもりで撮影をサポートしたのでしょう。 「現場」とは大工さんに限らず、肉体労働で働くすべての人々を対象に考え、その労働によって世の中がどのように成り立っているか考えれば「汚い」などと見下す言葉は出てこないはずですね…

 

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

愛犬の遺灰をいつも遊んでいた公園に撒いた!すると信じられない光景が!

アメリカ・シカゴで暮らすアシュリー・ラングさんは、愛犬・ゴールデンレトリバーのワグナーと幸せに暮らしていました。

身勝手な飲酒運転手の行動で愛する夫と息子を失った21歳の女性!その悲痛な訴えに涙が止まらない!

「自分は、大丈夫!」そう思い込み飲酒運転をしてしまうのが、人間の心理です。 しかし、その身勝手な行為で、自分と他人を不幸にするかもしれません・・・

ネットに落ちている感動するコピペを漫画化した結果!ネットで『泣けた!』と多くの反響を呼びました!

2チャンネルの中から泣ける話の傑作をご紹介します。 どうか思いっきり泣いて心のデトックスを体験してください!

不良してた学生時代…最後の弁当に添えられた母からの手紙に思わず涙した…

\News BFC に『いいね』お願いします/ ある女性が不良だった学生時代の話。 学生最後のお弁当に添えられていた母からの手紙に女性は涙を流しました… 今回ご紹介するのはある女性の「学生生活最後のお …

すべてのママに贈りたい詩!「最後のとき」に世界中が涙…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 最後のとき(The Last Time) 数年前からfacebookなどSNSで広まっている、英語で書かれたひとつの詩があります。子育てを経験したことの …