泣ける話

すべてのママに贈りたい詩!「最後のとき」に世界中が涙…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

最後のとき(The Last Time)

  • 数年前からfacebookなどSNSで広まっている、英語で書かれたひとつの詩があります。子育てを経験したことのあるママなら思わず涙せずにはいられません。世界中のママたちが深くうなずいた「最後のとき(The Last Time)」という詩をご紹介します。
  • 出典: townwork.net
  • 『最後のとき』赤ちゃんをその腕に抱いた瞬間から あなたはこれまでとは全く違う人生を生きる
    以前の自分に戻りたいと思うかもしれない
    自由と時間があって 心配することなど何もなかったあの頃の自分に
    今まで経験したことがないほどの徒労感 毎日毎日まったく同じ日々
    ミルクを与えて背中をさすってやり おむつを替えては泣かれて
    ぐずられて嫌がられて 昼寝をしすぎてもしなくても心配で
    終わることのない永遠の繰り返しに思えるかもしれないだけど忘れないで……
    すべてのことには、「最後のとき」があるということを

    ご飯を食べさせてやるのはこれが最後、というときがやってくる

    長い一日のあと子どもがあなたの膝で寝てしまう
    だけど眠っている子どもを抱くのはこれが最後

    子どもを抱っこ紐で抱えて出かける
    だけど抱っこ紐を使うのはこれが最後

    夜はお風呂で髪を洗ってやる
    だけど明日からはもう一人でできると言われる

    道を渡るときには手を握ってくる
    だけど手をつなぐのはこれが最後

    夜中こっそり寝室にやってきてベッドにもぐりこんでくる
    だけどそんなふうに起こされるのはこれが最後

    昼下がりに歌いながら手遊びをする
    だけどその歌を歌ってやるのはこれが最後

    学校まで送っていけば行ってきますのキスをしてくる
    だけど次の日からは一人でだいじょうぶと言われる

    寝る前に本を読み聞かせて 汚れた顔をふいてやるのもこれが最後

    子どもが両手を広げて あなたの胸に飛び込んでくるのもこれが最後
    IMG_8411
    だけど「これが最後」ということはあなたには分からない
    それがもう二度と起こらないのだと気付くころには
    すでに時は流れてしまっている

    だから今、あなたの人生のこの瞬間にも
    たくさんの「最後」があることを忘れないで
    もう二度とないのだと気付いてはじめて
    あと一日でいいから、あと一度きりでいいから、と切望するような
    大切な「最後のとき」があることを

    出典: select.mamastar.jp

  • 作者不詳とされているこの詩は、
    2年ほど前にとあるブログで
    紹介されたました。それをきっかけに、英語圏の国々の
    ママたちの間にじわじわと広まり
    共感を呼んできました。おそらくこの詩は、子育ての真っ只中
    にいるママたちへのメッセージとして
    書かれたものでしょう。

    毎日いっぱいいっぱいで子育てを
    しているママたちに、少し先のことに
    想いを馳せてから、もう一度、目の前
    の子どもを見つめ直して欲しい……。

    そんな気持ちが込められているような
    気がします。

    この記事が、子育てをがんばっている
    ママたちに元気を与えることを願います。

出典: select.mamastar.jp

参照元http://iinee-news.com/

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

5年間引きこもりの息子が突然リビングに!渡されたある物に泣き崩れる!

5年間引きこもりの息子が突然リビングに… 渡されたある物に泣き崩れる…

みさえ「あなたの1ヶ月分の給料落としちゃった…」ひろし「何だ、そんなことか」ひろしの言葉に感動!

みさえ「あなたの1ヶ月分の給料落としちゃった…」 ひろし「何だ、そんなことか…」ひろしの言葉に感動の嵐!

「最後のわがままを聞いてください」とある夫婦の愛情深き絆の漫画に涙が溢れる・・・

\News BFC に『いいね』お願いします/ 「最後のわがままを聞いてください」 とある夫婦の愛情深き絆に涙が溢れる・・・ とある夫婦の愛情深き絆に涙が溢れる・・・ ある夫婦の物語が 「泣かされた」 …

受験前に初めてを捧げてくれた彼女が自殺!見つかった遺書に号泣!

受験前に初めてを捧げてくれた彼女が自殺…見つかった遺書に号泣…

ダウン症を抱えている娘を持つ母親!カフェで見知らぬ人の言葉に涙が止まらなかった…。

ダウン症を抱えている娘を持つ母親がカフェにいると見知らぬ人から声をかけられた。 母は、見知らぬ人からかけられた言葉に涙が止まらなかった…。