泣ける話

27年間の息子と写真を撮り続けた父⇒親子の絆を写した最後の1枚に涙した…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

27年間の息子と写真を撮り続けた父の感動する写真をご紹介します。 親子の絆を写した最後の1枚に涙する…

親子の絆を写した最後の写真に涙①

生まれてから27年間、同じポーズで写真を撮り続けた親子。 まずは、息子が赤ちゃんだったころの写真をご覧ください。 【1986年】 【1987年】 【1988年】 【1989年】 【1990年】 【1991年】 【1992年】 【1993年】 【1994年】 【1995年】 【1996年】 生まれたばかりの赤ちゃんがだいぶ大きくなりましたね。 この後、順調に成長を続ける息子。 一方、息子が赤ちゃんだった頃に青年だった父は、年齢を重ねて初老の男性に・・・ そして、親子の絆を綴った写真は、最後に「号泣必至」の驚くような変化を見せます。

親子の絆を写した最後の写真に涙②

【1997年】 【1998年】 【1999年】 【2000年】 【2001年】 【2002年】 【2003年】 【2004年】 【2005年】 [ads-middle] 【2006年】 【2007年】 【2008年】 【2009年】 【2010年】 【2011年】 そして、次が最後の写真です。最後の1枚に、きっとあなたは号泣するはず・・・ これが最後の写真です・・・ 【2012年】 そう、最後の1枚は息子さんだけでなく、お孫さんと一緒だったのです! こうやってみると、親子の絆って本当に素敵ですね・・・ 今後はお孫さんも含め、3人で写真を撮って行くのでしょうか? 本当に羨ましいご家族ですよね!

 

 

出典:imgur.com

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

与えられた食べ物を必ず残す犬!雨の日でも必ずどこかへ運んで行く…その理由に涙した!

与えられた食べ物を必ず残し、どんな日も必ずどこかへ運ぶ犬。 不思議に思い、後をつけてみると驚きの光景を目にした…。

生前祖父『死んだら棺に入れてほしい、但し中身は絶対見るな』という巾着袋。⇨堪え切れずに見てしまった!⇨その中身を見て俺は思わず号泣した…。

生前祖父『死んだら棺に入れてほしい、但し中身は絶対見るな』という巾着袋。 ⇨堪え切れずに見てしまった!⇨その中身を見て俺は思わず号泣した…。

元爆発物探知犬は大勢の人に見送られた!21発の礼砲を捧げられながら天国へ旅立つ!

世界大戦で気が遠くなるほどの人命が失われたのにも関わらず、人間は今でも争い続けています…。 今回は、人間の争いによって生まれた戦争の戦地で大活躍した1匹の犬がいました!

夫が癌で他界!『死亡届けの前に離婚届を出して、お前は幸せになれ』数年後、私は事故に遭い入院した!

夫が、癌で他界…私は急いで病院行ったが既に遺体はなかった。 『死亡届の前に離婚届を出して、お前は幸せになれ』 その手紙を見て私は泣き崩れた…。

余命わずかな女の子と幼なじみの男の子が病室で『結婚しよう!』の夢を叶える!

余命わずかな女の子と幼なじみの男の子が病室で『結婚しよう!』の夢を叶える!