泣ける話

少女をかばって片足を失った男性。少女の親が『死ぬまで年50万払います』⇒10年後その少女が結婚すると聞いた男性は…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

少女をかばって片足を失った男性。少女の親が『死ぬまで年50万払います』 10年後その少女が結婚すると聞いた男性は…

少女をかばい、片足を失った男性!

交通事故と言うものは、被害者も加害者にも身体的な苦痛、精神的な苦痛を残してしまいます。 命は助かっても頸髄損傷などであれば後遺症は一生治りません。 今から書くのは、交通事故に絡む実話をご紹介します。 被害者であってもここまで、相手を思いやることが出来れば美談になりまね。 出典:hitomoti.com その方は、25歳の時に片足を失いました。 もう…10年ほど前の事だそうです。 50ccバイクで走行中に歩道から飛び出した少女を避けて転倒。 後続の自動車に下肢を踏まれてしまったのです。 後続のドライバーは、咄嗟のことでブレーキを踏みました。 出典:hitomoti.com 後続車両の後輪で片足を、酷く損傷し切断する事になりました… それでも少女を思いやる気持ちを捨てなかった男性はこのあと…

片足を切断した男性

出典:hitomoti.com この方の職種は、室内業務であり肉体労働では無かったので職を失うことは無かったそうです。 この片足を失うという、大きなハンデを負った男性はポジティブでした。

「少女が助かってよかった」 「今後、生活が少し、不便になる程度」

と思い直したんです。 その示談の中身については、

「年に50万円を受け取る」

という形だったそうです。 決して無茶な額では無いと思われます。 世間の相場からすれば少ないぐらいでは無いでしょうか? 片足を失ったにもかかわらず、

「たかが足1本と思っていた」 「加害者の家庭には、懇意にお付き合いして貰って嬉しい」

とまで善意的な解釈をしている男性でした。

少女が結婚

事故から、10年経過し助けた少女のご家庭とは、いいお付き合いが続いていたそうです。 加害者側のお宅に、お伺いするほどの、お付き合いの中で雑談中に少女が結婚すると判明したそうです。 この被害者の男性は、加害者の家庭を思いやる心をお持ちでした。

「結婚には費用がかかる。」 「この家庭の負担を減らしてやろう」

その様な、聖人のような気持ちになったそうなのです。 色んな感情が、走馬燈のように頭を駆け巡りました。 成長した少女の人生の幸せを考えてしまい嗚咽してしまったというのです。

「年50万の補償は断ろうと考えている」

そういう結論に達したそうです。

「片足を犠牲にした人間とは、もう、関わる必要は無い。」

それはそれで、良いのでは無いかと、お考えになっているそうです…

ネットの声

  • 「これは、美談だ~!」
  • 「被害者が、加害者と仲良くなるなんて!」
  • 「加害者側を思いやるとは、あり得ないわ~」
  • 「こういうのを達観と呼ぶんだろう!素晴らし過ぎる!」
  • 「なんという聖人!自分のことより…相手のこと。」
  • 「この人にも幸せになって欲しい。」

などの声がありました。 被害に遭いそして…身体の一部を失い…それでもなお加害者側を思いやる男性。 この男性にも幸せになってもらいたいですね!

 

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

余命3か月と診断された”42歳のあるお母さん”が最後にとった行動とは!

余命3か月と診断された42歳のあるお母さんが最後にとった行動とは…

「何でこんなことも出来ないの!」⇒泣きながら言った娘の一言が胸に突き刺さる…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 念願の子供を授かった時、母親はとても嬉しく大切に育てようと決心する。 だが、育児の現実はそう甘くない事に気付きストレスになってしまう… そんな、時あなた …

嫁「専業主婦になりたい」俺「ダメ」嫁は事故で他界!保険金で嫁の残酷なウソが発覚!

嫁「専業主婦になりたい」俺「ダメ」嫁は通勤途中に事故で他界。 俺「保険金受け取って」嫁両親「要らん」嫁の残酷なウソが発覚し…

たった1ページのショート漫画『姉』!多くの姉弟たちが共感して泣いた名作がこちら!

たった1ページのショート漫画『姉』が話題に。 多くの姉弟たちが共感して泣いた名作ショート漫画をご紹介します!

受験前に初めてを捧げてくれた彼女が自殺!見つかった遺書に号泣!

受験前に初めてを捧げてくれた彼女が自殺…見つかった遺書に号泣…