泣ける話

事故で父と娘は松葉杖が必要な体に→4年間後、父の嘘が発覚した…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

とある家族が、旅行先で事故に遭遇。 父と娘は、松葉杖が必要な体になってしまいました。 しかし4年後、父がある嘘をついていたことがわかると… 今回紹介する話は、「とある家族に起こった不幸が、家族の愛を再確認させてくれるキッカケとなった」そんな感動する実話です。 普通は耐えられないであろうことを、「子どもを慰めるため」といい4年間も続けていた父。 その事実を知った時、娘は泣き崩れます。

父のやさしい嘘

数年前、家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました。 その事故のせいで、私は2本の松葉杖なしには歩けなくなってしまったのです。 私よりましだったものの、父も松葉杖が必要な身体になってしまいました…。 思春期には劣等感に悩まされ、死にたい」と思ったこともありました。 そんな時、いつも父が慰めてくれました。 父も同じ痛みを知っているから、私の気持ちをちゃんとわかってくれていたのです。 父の愛に励まされ、無事大学にも合格。 入学式の日、父は私のことを誇りに思うといって涙ぐみました。 そして、入学式を終えて会場からでてきたときのことです。 目の前で、信じられないことが起きたのです・・・ 小さな子がひとりで車道へ飛び出しました。 すると、父は松葉杖を投げ捨てて、全力でその子のもとへ駆け出したのです。 私は自分の目を疑いました・・・ 父がその子を抱き抱えてもどってくるではありませんか・・・

「お父さん!」

私は驚きのあまり大きな声を出しましたが、父は何ごともなかったかのように、松葉杖をついてさっさと歩いていきます。

「お母さんお母さんも見たでしょう?お父さんが走ったのを!」

母は淡々と答えました。

「驚かないで、聞いてちょうだい。 いつかはあなたにもわかってしまうと思っていたわ。 お父さんはね、本当は松葉杖がいらないの。 あのとき、お父さんは腕に怪我しただけだったの。

それでも4年間、松葉杖を使ってきたのよ。 同じ痛みを背負わなければ、あなたを慰めてあげらないといってね…。

知らず知らずのうちに涙が溢れてきました。

「泣かないで。 お父さんはね、あなたを慰めてあげられる自分を誇りに思っていたのよ。 さっきは、あの子が車にひかれそうになって、あなたと同じ目に遭うんじゃないかと・・・」

前を歩く父の後ろ姿を見ていると涙がこぼれ落ちてきました。 つらいときは、いつもお父さんのふところで泣きました。 いつも声をあげて泣いていたのは私だったけれど、父は胸の中でもっとたくさんの涙を流していたのかもしれません。 お父さん、お母さん、ありがとう・・・

ネット上の声は

  • 思わず泣いた
  • ジワっとくる…お父さんいつもありがとう
  • やっぱりお父さんって凄いなって思った
  • 4年もこれを続けるのは並大抵の事じゃない
  • 娘さんは幸せだね
  • いい話

この実話は、ネット上に投稿され多くの感動を呼びました。 父と子、家族というのは、目には見えませんがとても深い愛で結ばれているのでしょう。 素敵な家族ですね!

 

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイヤモンドプリンセスで働いている友人から届いたと言う写真!報道されていない真実が!

ダイヤモンドプリンセスで働いている友人から届いたと言う写真…報道されていない真実が…

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。『これください』薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』買いに来たものを知って涙が止まらない!

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。 『これください』 薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』 買いに来たものを知って涙が止まらない・・・

日本航空の飛行機が墜落事故を起こして31年…息子を亡くした母の手記が胸に刺さる

\News BFC に『いいね』お願いします/ 日航機墜落事故から30年以上が経ちましたが、今なおご遺族の心に深い傷跡を残しています。 今回は9歳の息子を飛行機の墜落事故で亡くした母親の、胸に突き刺さ …

不良してた学生時代…最後の弁当に添えられた母からの手紙に思わず涙した…。

ある女性が不良だった学生時代の話。 学生最後のお弁当に添えられていた母からの手紙に女性は涙を流しました…

天国に行ったママを探すために警察に電話をかけた男の子!警察官の心温まる行動に思わず涙!

天国に行ったママを探すために警察に電話をかけた男の子… 警察官の心温まる行動に思わず涙…