豆知識

看護師が語る交通事故にあった時に誰もがやりそうな「絶対してはいけないこと」とは…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

看護師が語る交通事故にあった時に誰もがやりそうな「絶対してはいけないこと」とは…

看護師が語るやってはいけない行為とは?

医療技術の発達により、交通事故死亡者数は年々減少傾向にありますが、実は交通事故件数と負傷者の数は増加傾向にあるようです。 多くの人は交通事故にあった際、どんな対応をすれば良いのかパニックになってしまい、取り返しのつかない事態へと発展してしまうことがあるそうです。 今回は、Twitterユーザーの(@tome_3)さんが投稿した

「事故後に絶対してはいけないこと」

についてご紹介します。 冷静さを失った事故加害者や被害者の間ではついついやりがちな「あること」があります。 それは自分を含めた、誰かの命を奪うことになるかもしれない「絶対にしてはいけないこと」だったのです。

事故の時にやってはいけない行為

@tome_3)さんは、看護師からこんな話を聞いたそうです。

なんと、交通事故にあった人が自力で受付にきましたが、実は内臓に大きなダメージを負っており、保険証を出した途端に容態が悪化しそのまま倒れてしまったのです。 この人は、どうやら事故が発生した後、救急車には乗らなかったようです。 そして体の異変を感じ始めたころに病院へと足を運ぶのですが、その時すでに遅し、帰らぬ人となってしまったのです。 事故後は気が動転しており、自分の体の変化に気づきにくいものです。 さらに…

また、子供の場合、自分は悪くないのに「親に怒られる」という心理から、何でもないふりをして しまいます。 帰ってきた子供の様子がおかしいと感じたら、すぐに病院へと連れて行きましょう。 この投稿を見て、自分の過去を振り返る人が続出しています。

ネットの声

まわりに集まる人は知らない人ばかりなために、ついつい大丈夫と言ってしまう人も多いようです。

事故直後、大抵の人は突然のアクシデントに遭遇したことで興奮状態に陥り、アドレナリン効果で痛みが軽減されています。 つまり、事故によってけがを負ってしまったとしても、それを自覚できない人も珍しくありません。 そのためけがをしていないと思い込み、その場で大丈夫と事故現場を後にしてしまう人が90%以上にも及ぶとのアンケート結果があるそうです。 しかし… 実際は目に見えない内臓や血管にダメージを負っていて、突然死に至る、というのは看護師の間ではよくある話なのだそうです。 事故の被害者になってしまった場合、場の空気から逃げるために「大丈夫」と言ってしまうこともあるかもしれません。 しかし、その場は確かに大丈夫かもしれませんが、後に取り返しのつかない事態になってしまう可能性も十分にあるのです。 自分を守る為に、交通事故が起きてしまった時は必ず救急車を呼び、医師の診断を受けましょう。

参照元https://newtrendys.com

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

救急車は運転手と隊長の2人乗っているが1人だけの時がある!その理由を多くの人に知ってもらいたい!

救急車は運転手と隊長の2人乗っているが1人だけの時がある… その理由を多くの人に知ってもらいたい…

自宅ポストに投函される磁石を再利用する方法!子どもたちも大喜びだと話題に!

自宅ポストに投函される磁石を再利用する方法… 子どもたちも大喜びだと話題に…

「寂しい」と「淋しい」の意味の違い…あなたはちゃんと使い分けられてますか?

「寂しい」と「淋しい」の意味の違い… あなたはちゃんと使い分けられてますか?

原始時代の石器の切れ味!肉塊を切って検証した動画が話題に!

原始時代の石器の切れ味… 肉塊を切って検証した動画が話題に…

車のヘッドライトなどで目が眩むのを防ぐ裏ワザ!単純だけど効果的だと話題に!

車のヘッドライトなどで目が眩むのを防ぐ裏ワザ… 単純だけど効果的だと話題に…