いい話

スタバで「ドリップをショートで」と注文したのに店員はサイズを聞いた⇒その理由を知った投稿者に称賛のコメントが送られる!

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

スタバで「ドリップをショートで」と注文したのにサイズを聞かれた… その理由を知った投稿者に称賛のコメントが送られる!

「ドリップをショートで」と注文したのに店員はサイズを聞いた…

「スターバックスコーヒー」は、世界中で愛されているコーヒーショップ。 コップにや温かい飲み物やメッセージをサービスしてくれるなど、高いホスピタリティで度々話題を集めています。 Twitterユーザーの@dogcat_teahouse)さんがある日、スターバックスに立ち寄り、いつものように

「ドリップのショートで」

と注文をしたにもかかわらず店員さんからサイズ表を出され、改めてサイズを聞かれたそうです。 出典:starbucks.co.jp @dogcat_teahouse)さんは、その時いつもと違うやりとりに

「あれ?」

と思ったそうですが、店員さんの胸元にある「あるもの」を見つけ状況を察し、すごく嬉しい気持ちになったと投稿し、大反響を呼ぶことになりました。 今回、そんな@dogcat_teahouse)さんがスターバックスで嬉しい気持ちになった理由を紹介します。

スタバ店員がした理由を知って、すごく嬉しかった・・・

話題を集めたのはこちらです。

なんと、店員さんの胸元には「耳が不自由」であることを伝えるバッジがついていたそうです。 そして、@dogcat_teahouse)さんは、そのまま耳が不自由であるというハンディを持つ店員さんに接客をしてもらいますが、全く不自由に感じることはなく、サポートツールが充実しているスターバックスに嬉しい気持ちになったのだそうです。 この投稿は瞬く間に反響を呼び、称賛のコメントが多数寄せられました。

ネットの声

現代の世の中は、ハンディキャップを持つ方々が、働くためのツールなどが整っていない場合が多いです。 しかし、スターバックスにはこのように積極的に採用を行い、不自由なく対応できるように準備がされていました。 こうした取り組みを行う企業が増えて、ハンディキャップを持つ方々がもっと働きやすくなることを願いたいですね!

参照元https://newtrendys.com

-いい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本の電車で起きた心温まる乗車拒否!こんな国に憧れると中国で話題に!

日本の電車で起きた心温まる乗車拒否… こんな国に憧れると中国で話題に…

銀座を歩いていると女性がマスクの無料配布を行っていた!話を聞いてみるとなんと!

銀座を歩いていると女性がマスクの無料配布を行っていた…話を聞いてみるとなんと…

父の「心臓」を移植した男性とバージンロードを歩いた花嫁の物語。

  \♡『いいね』お願いします♡/ 昨年の夏、教会のバージンロードを笑顔で歩く花嫁の隣には、白髪の高齢男性の姿が。 彼は、10年前、花嫁の父親から、心臓の臓器移植を受けた男性でした。 父親を …

武漢への日本支援物資に貼られた文字が中国で話題に!誰が考えたアイディアなのか!

武漢への日本支援物資に貼られた文字が中国で話題に…誰が考えたアイディアなのか…

酔っ払って帰宅した旦那の口から出た本音に胸キュン!

珍しく旦那がへべれけに酔ってご帰宅。