泣ける話

『誰か・・娘のチューブを消せますか』娘を亡くした父親が望んだ、たった一つのこと…

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

産まれたばかりの我が子を亡くした父親からの願いが、世界中の人々の心を動かします。 ある日、アメリカ最大級の掲示板と呼ばれる”reddit”と、画像共有サイトである”imgur”に、あるメッセージが投稿がされました。

父親の願い

私の娘は最近、子供病院での長い戦いの末に亡くなりました。 彼女はずっと病院にいたので、私たちは娘の酸素チューブなしの写真を撮ることができませんでした。 誰か、この娘の写真からチューブを取り除くことができますか?

この投稿をしたのは、オハイオ州カライダ在中のナザンさんという男性でした。 ナザンさんの愛娘ソフィアちゃんは、2014年5月30日に生まれました。 しかし… 検査の結果、彼女は”肝血管腫”という稀な疾患があるということが明らかとなりました。 ソフィアちゃんは、すぐに子供病院から別の病院に移されましたが、残念ながら、生後わずか6週間でこの世を去ってしまいました。 ナザンさんは、生後6週間の娘を写真に収めます。

ですが、彼女の小さな口には、大きな酸素チューブが差し込まれていました…

娘の酸素チューブを外して下さい!

ナザンさんは、ネットの掲示板などを利用し、ネット上にいる不特定多数の人々に依頼をします。 ナザンさんは、このチューブを誰かにフォトショップで消してほしかったのです。 すると、次々とソフィアちゃんからチューブが取り除かれた写真が、同サイトのスレッドにアップされていきました。 ソフィアちゃんの似顔絵を描いた人もいました。 それらはすべて、見知らぬ人たちからでした。 ナザンさんは、1つ1つのメッセージに対して丁寧に返事をしており、今でも同じような経験をしたという親と連絡をとっているそうです。

世界中の人の心が動いた

この話は、もう3年前のお話になりますが、未だに様々なメディアで取り上げられています。 この父親の願いに、世界中の人たちの心が動きました。

世界中の人たちからの声

  • 「病院の背景の代わりに、もっと素敵な背景に変えてみました。心からお悔やみを申し上げます」
  • 「あまり色をつけるのが上手くないので、白黒にしてみました」
  • 「依頼を見て、何もせずにはいられなかった。じゃないと眠れないところでした」
  • 「フォトショップは使えないけど、絵が得意なのでスケッチを描いてみたの」

などの声がありました。 写真に添えられた人々の言葉から、彼らの“なんとかしてあげたい!”という優しい気持ちがひしひしと伝わってくる。 ネットの世界は、いろいろな問題もあり時にはトラブルが起こることもありますが、こういった素晴らしいことも起きるのです。 時には、不可能を可能にすることができる、それがインターネットで多くの人たちが繋がることのできるSNSの力なのかもしれません。

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

姉は美人なのに私はブスと思い続け姉と距離を取ってきた⇒しかし、姉から衝撃の事実を知らされ気がついた・・・

\News BFC に『いいね』お願いします/ 姉は美人なのに私はブス・・・姉と距離を取ってきた。姉が結婚することになり2人で飲みに行った。 そこで衝撃の事実を知らされ気がついた・・・ 姉と距離を取 …

「汚い靴ねw」子供の運動会で他の子どもにイヤミを言う妻。その言葉を聞いた息子は!

「汚い靴ね」子どもの運動会で、他の子供にイヤミを言った妻。 その時、息子が言った言葉に胸を打たれる…。

物悲しい顔でいつまでも道路に横たる犬!動かない理由が悲しすぎて心に突き刺さる!

道路のに横たわったまま動こうとしない一匹の犬。 その理由があまりに悲しすぎたのです!

少女をかばって片足を失った男性。少女の親が『死ぬまで年50万払います』⇒10年後その少女が結婚すると聞いた男性は…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 少女をかばって片足を失った男性。少女の親が『死ぬまで年50万払います』 10年後その少女が結婚すると聞いた男性は… 少女をかばい、片足を失った男性! 交 …

事故で父と娘は松葉杖が必要な体に→4年間後、父の嘘が発覚した…

\News BFC に『いいね』お願いします/ とある家族が、旅行先で事故に遭遇。 父と娘は、松葉杖が必要な体になってしまいました。 しかし4年後、父がある嘘をついていたことがわかると… 今回紹介する …