驚き

体中から爪が生える奇病と10年闘い続ける女性!患者は世界でたった一人の女性の現在が話題に!

投稿日:

体中から爪が生える奇病と10年闘い続ける女性…
患者は世界でたった一人の女性の現在が話題に…

 


普通の大学生だった女性。

ある日彼女の毛穴から爪がびっしり生えてくるように・・・
それは医師もわからない奇病でした。

病気になるのは怖いことですが
その中でも完全に治療法のない難病に悩まされている人たちもいます。

今回はそんな体中から爪が生える奇病と10年闘い続ける女性を紹介します。

体中から爪が生える奇病と10年闘い続ける女性

彼女はあるとき顔や身体に爪が生えてくるようになりました。

それは医者が

「こんな症状見たことも聞いたこともない」

という名前さえない病気でした。

初めは黒いかさぶたができたんです。
それが次第に硬い爪となってどんどん生えていきました。

米テネシー州に住む36歳の女性、シャイな・アイゾムが
謎の奇病にかかったのは2009年の大学生の時。

メンフィス大学で法律を学んでいたシャイナはある日
喘息でひどく咳き込み、近くの病院に行きました。

医者は大量のステロイド薬を処方したのですが
シャイナはそのステロイド剤にアレルギー反応を起こします。

それは耐えられないほどの全身のかゆみでした。

その後、足がかさぶたのようなもので覆われ黒くなっていきました。

まるで自宅で火事があって、足にひどい火傷を負ったかのようでした。

と母は当時を振り返ります。

同時に1週間で体重が5kg落ちていました。

そして、足は次第に白くなり、
毛が生える代わりに白い棒状のものがびっしりと生えてきました。

医師は初め、シャイナは皮膚炎かブドウ球菌感染症にかかっていると思い、
薬を処方しましたが、症状は悪化。

同時に様々な皮膚病の検査をするものの全てが陰性でした。

さらに、骨髄生検をしましたが、それも陰性。
医師はこの結果に困惑してしまいます。

おそらく一生この症状は治らないでしょう。

しかし、当然シャイナの母は納得がいかず、
落胆する娘を連れ、2011年8月、違う病院へ向かいました。

それは難病研究を行なっている世界で最も優れた病院の一つ、
ジョンズ・ホプキンズ病院。

そこで驚くことが判明。
皮膚に生えてきたものはなんと爪だったのです。

指の爪は体毛や皮膚と同じケラチンというタンパク質でできています。

シャイナの皮膚の毛包部の細胞は通常の12倍多く作られ、
ケラチンを構造するアミノ酸配分量が体毛より爪に近かったのです。

皮膚から生えてきた白いものはとても硬く、
触ると刺さるように痛いんです。

母はそれが爪と知って驚きました。

しかし、正体がわかっても治療法がわからないまま
症状を抑える治療のみ行われ、シャイナの状態は25%ほど回復。

検査の結果でシャイナは
ビタミンA、B、C、D、Kが不足していることもわかりました。

ところが問題なのは名前もわからない病気と闘うことだけではなく、
どんどん膨れ上がる治療費でした。

発病した翌年までには未払いの治療費は5000万円以上になっており、
その後もどんどんその額は増えていきました。

さらにシャイナの病気は皮膚だけでなく
骨や視力にまで影響を及ぼしていきます。

そのため、シャイナは短い距離、
もしくは杖を使わないと歩けなくなっていました。

病院の受付をしていた母は仕事を辞め、
シャイナをつきっきりで看病し始めたため、貯金も底をついてしまいます。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

警察官が泥酔した男性を保護する動画!これは保護というより暴行だった!

警察官が泥酔した男性を保護する動画… これは保護というより暴行だった…

日本で起きた史上最悪の少女誘拐事件!神隠しのような事件の闇が深すぎる!

数ある誘拐事件の中でも未解決の一番ヤバい事件は 「泉南郡熊取町小4女児誘拐事件」です。 今回はそんな日本で起きた史上最悪の少女誘拐事件を紹介します。

トイレのハンドドライヤーの真実!恐ろしすぎる!

トイレのハンドドライヤーの真実… 恐ろしすぎる…

象牙を取るために残酷に殺された象!人類の贅沢の為に惨殺される象に心が痛む!

象牙を取るために残酷に殺された象… 人類の贅沢の為に惨殺される象に心が痛む…

16歳で出産し高校に通いながら旦那と夫婦生活をしている現役女子高生が話題に!

15歳で妊娠・16歳で出産した高校生夫婦が話題になっているので、ご紹介します!