いい話

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。保護団体に救出され聖地で仲間と感動の再会!

投稿日:

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。
保護団体に救出され、聖地で仲間と涙の再会!

 

間のために働かされ続けたゾウ

タイやインドなどでゾウは人々の暮らしに近い存在として愛されている一方で、観光客を乗せて一日中働かされ虐げられているという事実もある。

このほど辛い過去を背負って生きてきた全盲のゾウが保護団体に救出され、聖地で新しい仲間と触れ合う姿が感動を呼んでいます。

 

ゾウのプロイ・ソンは、タイのパタヤで16年にわたり観光客を背中に乗せて働かされてきた。

全盲のため、プロイ・ソンは匂いを嗅ぎ分けられる鼻だけを頼りにその道のりを行き来してきたという。

推定年齢30歳とされるプロイ・ソンは、観光客を乗せる仕事の前はサーカスで働かされており、生まれてから自由というものを味わったことがなかった。

 

アジアゾウの保護に尽力しているチェンマイの『Save Elephant Foundation』のスタッフらは、ブア・キュー(Bua Keaw)という名のゾウを救出している時にプロイ・ソンの存在を知った。

『プロイ・ソンは両目が全く見えないにもかかわらず、早朝から日暮れまで毎日観光客を乗せて働かされていました。私たちスタッフはプロイ・ソンも自由にしてやれるように飼い主と交渉し、救出に成功したのです。』

その後、プロイ・ソンは聖地で仲間と感動の再会をします♪

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-いい話

執筆者:

関連記事

産後数時間しか生きれなかった全身ホクロの赤ちゃん⇒26年後、懸命に生き続ける女性の現在に感動

\News BFC に『いいね』お願いします/ 全身にホクロができてしまう奇病を患い、産まれて数時間しか生きられないと告げられた女性の26年後の姿を御覧ください。 出産直後に悲劇に襲われた赤ちゃん 出 …

19歳の若い命を救えなかった救急救命の医師!打ちひしがれる後ろ姿に心が痛む!

19歳の若い命を救えなかった救急救命の医師… 打ちひしがれる後ろ姿に心が痛む…

北海道の人がメルカリでモバイルバッテリーを購入…。開けてみると感動の手紙に涙する!

北海道の人がメルカリでモバイルバッテリーを購入。開けてみると感動の手紙に涙する!

ママさんの悩み⇒『育児はいつか楽になりますか?』への回答に感動♪

ママさんの悩み相談『育児はいつか楽になりますか?』への回答が素晴らしすぎました!

耳に障害をもつお客様が居酒屋を予約して来店!お店の気遣いが素晴らしいとSNSで話題に!

耳に障害をもつお客様が居酒屋を予約して来店! お店の気遣いが素晴らしいとSNSで話題に!