驚き

村の男達に毎晩抱かれる村の共有物となった女性!嘘のような日本の風習が恐ろしい!

投稿日:

村の男達に毎晩抱かれる村の共有物となった女性…
嘘のような日本の風習が恐ろしい…

 


東京都青梅市。
この中心部からさらに車で30分ほど入った山あいの小さな集落で
米寿を迎えた山中時男(88)は
かつてこの地域に存在していたという秘密を語った。

村の男達に毎晩抱かれる村の共有物となった女性!

今を遡ること約80年前の昭和10年頃、
この地域に住む人々の間ではみんなが知っているはずなのに
なぜかその存在について口にすることを憚るという
ある一人の少女がいたと言います。

名前はカヨ。

山中さんの話によると彼女は今で言うところの
知的障害を負っていたそうで
実際には20歳近かったにも関わらず
まるで幼女のような言葉を話し、屈託のない笑顔を見せていたという。

「カヨさんはこの辺りでも割と貧しい家の子でね。
器量は悪くなかったと思うんだよ。むしろ良かった。

けれども頭がアレなもんだから
両親が外に出すのを嫌ってね。

そこで最初は土蔵の中で隠すように育てていたって言う話だよ。

けども、年頃になるとちょっかい出そうっていう男が増えたんだよな。
それでなおさら両親は隠すようになったんだけど
あるとき一計を案じたっていうわけだ」

知的障害を負った我が娘が
性的な意味で好奇な目に晒されるようになると
さらにその存在を隠すようになっていったというその両親。

しかし、自らが老いていくことを思えば
その亡き後、誰が彼女の面倒を見るというのか。

そうしたことを思い悩んだ彼らはある妙案を思い付く。

それは愛娘を誰かの許へと嫁がせるのではなく
集落全体の共有財産として扱うことだった。

「なんていうんだろうね、
当時は今よりもおおらかな時代だったからね。

そういう女っていうのは村に一人や二人いても良かったんだ。

後家さんなんかもそうなんだけどね、
自分の女を売るというか体を提供する代わりに
死ぬまで村の男たちから面倒をみてもらうっていうさ。

今聞くとね、若い人にとっちゃおかしな話に聞こえるかもしれないけども
当時はね、今みたいに女が一人でやっていくなんて
なかなか出来ないことだったから
そうやって生き延びていく人はあちこちにいたと思うんだよな。」

続きは、次ページでをご紹介します!

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

記憶に残る2006年夏の甲子園は神大会だった!?10年以上経っても語り継がれる熱き戦いをご覧下さい!

記憶に残る2006年夏の甲子園は神大会でした。 10年以上経っても語り継がれる熱き戦いをご覧下さい!

ピュアな子供たちの、ツッコミどころ満載に笑いが止まらない!子供たちの爆笑発言15選!

  \♡『いいね』お願いします♡/ 子供の純粋すぎる面白発言をご紹介します! 子供だからできる純粋な面白い発言 子供ってたまにどんなお笑い芸人にも勝てない面白いことを言いますよね! 当人から …

オリンピックの水泳選手に黒人が少ないのにはアル理由が隠されていた!?

\♡『いいね』お願いします♡/ オリンピックなどの水泳競技を見ていると、黒人選手が少ない理由は何なのでしょうか? そこには、アル理由があるからだと言われています! 黒人の「体の構造」説 出典:upl. …

この世に本当に存在した人体実験の事実!エゲツない鬼畜の所業だった!

この世に本当に存在した人体実験の事実… エゲツない鬼畜の所業だった…

雷に打たれた男性が奇跡的にも助かった⇒しかし、その数秒後また雷に打たれた結果…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 雷に打たれた男性が奇跡的にも助かった。 しかし、その数秒後また雷に打たれた結果… 男性が2回も雷に打たれて 今回、衝撃的な映像を入手した。 なんと雷に打 …