豆知識

精子を飲みこむことは健康にいい?害になるどころか色々と有益なことがあった!

投稿日:

精子を飲みこむことは健康にいい?
害になるどころか色々と有益なことがあった…


男性の精液は、まさに生命の水と言えます。

十分な精液があれば遺伝子コードを何世代も受け継ぐことができ、
人類全体としてほぼ永遠に近い生命をつなぐことができるのです。

でも、それだけじゃありません。

実は精子を飲みこむと害になるどころか、
色々と有益なことがあるんです。

最近の研究で精子を日頃から飲み込んでいると
体の健康にいくつか素晴らしい利益を
もたらしてくれることがわかっています。

精子はどのように作られているのか?

精液はとても複雑にできていて
精液に含まれる精子の割合は1~5パーセントくらいでしかないんです。

残りは「精しょう(seminal plasma)」と呼ばれるもので
ここには50種類もの物質、例えば神経伝達物質やエンドルフィン、
ホルモン、免疫抑制物質といったものが含まれています。

精子はただそこに紛れているにすぎません。

そして、多くの人がイメージするであろう精液は
最初から睾丸に入っているわけじゃないんです。

あの液体は射精のタイミングで複数の組織が作り出す材料が
ミックスされてできるのであって作り置きはされてないできたてのものなんです。

まず精子が睾丸から出てきて最初に射精管を次に精のうを通っていきます。

ここで精しょうがミックスされ、
その後さらに前立腺から重要な酵素や酸、脂質が加えられます。

最後に尿道球腺から潤滑剤となる少量の透明な液体が尿道に噴射されます。
こうすることで精液がスムーズに飛び出すことができるのです。

精子が外に出たらどうなる?

いったん体外に飛び出したら、
精液は自分を守らなくてはいけません。

まず精液はとろっとした状態になります。

研究では最初のほんのちょっとの部分だけ
他の精液に比べてうまく凝固しないことがわかっていますが、
これはおそらくうまく混ざっていないためだと考えられています。

しかし、残りの部分はちゃんと濃くてしっかりした状態になります。
5~30分経つと精液に含まれる抗原の働きで再度液体化します。

また、その後再度液体化するのはなぜかというと、
精子がよりゴールに向かって泳ぎやすくするためです。

これも楽な道のりではありません。
女性の生殖器は酸性であるため、精液にとって厳しい環境です。

それでも精液にはアルカリ化合物のアミン類がたくさん詰まっているので
膣内の酸で死なないようにできています。

また精しょうには果糖もたくさん含まれていて
精子たちが目的地に着くまでのエネルギー源となっています。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

林修先生が語る「勉強は贅沢!」その理由が正論すぎる!

林修先生が語る「勉強は贅沢!」その理由が正論すぎる!

日本人特有の闇を感じる休日あるある!これわかると話題に!

日本人特有の闇を感じる休日あるある… これわかると話題に…

バラの茎をじゃがいもに刺すと!一週間経った結果が凄いと話題に!

バラの茎をじゃがいもに刺すと… 一週間経った結果が凄いと話題に…

海底に1000年間眠っている古代都市!捜索すると海底からは様々な財宝が!

海底に1000年間眠っている古代都市… 捜索すると海底からは様々な財宝が…

綿棒で耳掃除をしてはいけない理由!常識が覆ったと話題に!

綿棒で耳掃除をしてはいけない理由… 常識が覆ったと話題に…