ニュース

100年以上直立したまま湖面を漂い続ける丸太!無理に移動させると!

投稿日:

100年間直立したまま湖面を漂い続ける丸太…
無理に移動させると…


米オレゴン州南部にあるクレーターレイク国立公園には
600メートルの高さの断崖絶壁や絵画のように美しい島があり
毎年40万人もの観光客が訪れる場所です。

また、公園の名ともなっている極めて青く澄んだ
アメリカで最も深いカルデラ湖(最深部597メートル)があり、
観光の目玉の一つとなっています。

その湖にちょっと不思議で神秘的として有名なものがあります。
それは100年以上直立したまま超スピードで湖面を漂い続ける丸太。

無理に移動させると大嵐が発生したり、
なにやら不思議で神秘的なものだそうでです。

100年以上直立したまま湖面を漂い続ける丸太!

真っ青な湖にプカリと垂直に浮かぶ一本の折れた白い枯れ木。
まっすぐに立っているその様子はまるで湖に茶柱立っているようです。

浮かんでいるのは全長約9メートルほどの針葉樹・ツガの木ですが、
この丸太は不思議なことに100年間も直立したまま湖に漂い続けているという。

水面に出ている部分はわずか1メートルほどで直径は約60センチほど。
幸せを呼ぶ謎の爺さんと呼ばれて以前より有名だそうです。

樹皮も剥がれて苔の生えた枯れ木は物理的不可能と思われる
奇跡的なバランスを保ちながら浮かんでいるため、
訪れる人々から人気があると同時に学者たちを悩ませていると言います。

記録されている中で最も古い目撃例は
クレーターレイクが国立公園になった年の1902年。

地質学者であったジョセフ・S・ディーラーによれば
さらにその6年前の1896年にはすでに湖面に存在していたそうです。

当時の記録によると現在とは全く違う位置にあったそうで
一説によれば毎日5キロほど湖面を移動しているんだとか。

1938年、植物学者のジョン・ドーアは3ヶ月を費やして木を観察したが

「広範囲にわたり、そして時には驚くほどのスピードで移動した」

という。

観測を行なった7月1日から9月30日の間に木は100キロ以上移動したが
1日に6キロ以上移動したこともあったそうです。

現地では当時、この丸太(幸せを呼ぶ謎の爺さん)は
天気をもコントロールしているとして評判となりました。

> 続きを読む 

-ニュース

執筆者:

関連記事

75年の時を経て掘り出された僧侶!居合わせた全員が息を飲む結果に!

75年の時を経て掘り出された僧侶… 居合わせた全員が息を飲む結果に…

『自衛隊に温かいご飯を!』 被災地で自衛隊員が炊き出しを食べると一部の被災者からクレーム!?

『自衛隊に温かいご飯を!』 被災地で自衛隊員が炊き出しを食べると一部の被災者からクレーム!?

コメダ珈琲の罰金制度!アルバイト店員の驚くべき労働が明かされた…

\♡『いいね』お願いします♡/ コメダ珈琲の罰金制度…。 アルバイト店員の驚くべき労働が明かされた!

インスタ女子の間でナイトプールが大流行!あらゆる形で経済は回っていた!

インスタ女子の間でナイトプールが大流行… あらゆる形で経済は回っていた…

女子中学生5人が手を繋いで飛び降り自殺!日本至上最悪の事件の内容が衝撃的だった!

女子中学生5人が手を繋いで飛び降り自殺… 日本至上最悪の事件の内容が衝撃的だった…