豆知識

パリのサン・マルタン運河の水を全部抜くと!お宝がたくさん眠っていた!

投稿日:

パリのサン・マルタン運河の水を全部抜くと…
お宝がたくさん眠っていた…

パリのサン・マルタン運河とは!

1802年に建設されたパリのサン・マルタン運河は
かの有名なナポレオンが建設した運河です。

新鮮な飲料水を提供するために作られた
4.5キロにも及ぶこの運河は町が大きくなるにつれて
いつしかポイ捨てされたペットボトルやゴミの浮く、
汚い運河になってしまいました。

そんな運河の底なら、ゴミはもちろんのこと
もしかしたら貴重なお宝も眠っていることも。

今回はそんなパリのサン・マルタン運河の水を
全部抜くとどうなったかを紹介します。

15年に一度清掃!

このサン・マルタン運河はフランス、パリの代表的な運河であるため、
景観を保つために、15年に一度清掃が行われています。

2001年、2016年と運河の水を抜いて掃除し、
川底に堆積した40トンものゴミを取り除きました。

その掃除の工程は非常に困難なものでした。
まず、掃除をする場合はこの運河をせき止めてから水を抜きます。

この時点で水を抜いた運河からは異常なゴミの量をみることができます。

その後、清掃作業をする人々が川底に下りて
運河の中に住む魚たちを数日かけて運河の下流へと放流します。

それからやっと掃除に取り掛かります。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

ゴールド免許の特権が凄かった!こんな特権を知っていれば違反なんてしなきゃよかった!

ゴールド免許の特権が凄かった! こんな特権を知っていれば違反なんてしなきゃよかった…

あなたの効き脳は”右脳”か”左脳”??これがわかると「物事をどのように考えるタイプ」なのかが、わかっちゃう!

あなたの効き脳は”右脳”か”左脳”?? これがわかると「物事をどのように考えるタイプ」 なのかが、わかっちゃう!

75%のドライバーが間違っている危険な間違い!運転する前から間違っていた!

運転で一度もミスしてないという人はいませんし、ミスに気付かない時もあります。 しかしこれから挙げるミスは車の寿命を削り、事故につながる危険があります。 今回はそんな運転にまつわる75%のドライバーが間 …

「プラレールのレールが足りない!」そんなお悩みにはコレ!天才的発想にネットで話題に!

「プラレールを繋げていたらレールが足りない…」 このお悩みに取って置きの解消方法をご紹介します!

ほとんどの人が間違えているトイレの正しい座り方!大腸がんの原因にもなっていた!

日常的に使用している便器ですが、「正しい座り方」が存在します。 今回はそんなトイレの正しい座り方を紹介します。