豆知識

雨をしのぐ技術が平安時代の傘から進歩してない理由!なかなか根深い問題だった!

投稿日:

雨をしのぐ技術が平安時代の傘から進歩してない理由…
なかなか根深い問題だった…

平安時代から変わらない傘の姿!

映画やドラマの悲しいシーンではよく雨が降っていますね。
それだけ雨は多くの人々を憂鬱にさせるものとして
世界中で認識されてきました。

こうした気分をもたらす理由のひとつに
雨対策の煩わしさがあげられます。

普通、雨に濡れるのを防ぐ対策といえば、
傘をさすか雨合羽を着る以外にはまずありません。

傘をさせば片手が不自由になり、雨合羽は着脱が面倒と言われます。
雨対策の面倒さはそのまま私たちの雨嫌いにつながっているようです。

2014年頃、空気の壁で雨に濡れるのを防ぐ
エアーアンブレラというものが話題になりました。

新体操で使うバトンのような形をしていますが、
かなりユニークな機能を兼ね備えています。

下から空気を吸い込んでバトンの先のような部分から空気を吹き出し、
その空気の膜で雨をしのげるという構造になっています。
これにより傘布の部分いらずで雨を防ぐことが可能になりました。

しかし、こちらはいまだ商品化には至っておらず、
現在大半の人は傘をさすことを選んでいます。

そんな雨傘の歴史は日本では平安時代にまで遡ります。
日本人は日傘からヒントを得て雨傘を開発・導入するに至ったそうです。

意外と深い傘の歴史!

傘の歴史は4000年前に遡ります。

日傘としての使用はすでに約4000年も前に始まっているようで
エジプトやペルシャなどに証拠づける壁画などが発見されています。

傘はもともと貴族や高僧の日よけとして使われていて
「尊い人を日差しから守るとともに権威の象徴であった」

日本の傘の歴史は明治時代にイギリスイタリヤから輸入された
「西洋傘」と「和傘」のふたつルーツがあります。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

新幹線殺傷事件で学んだ座席で身を守る方法!誰でも簡単にできる方法だった!

新幹線殺傷事件で学んだ座席で身を守る方法… 誰でも簡単にできる方法だった…

キウイを1ヶ月毎日食べ続けた結果!身体に大きな変化が!

キウイを1ヶ月毎日食べ続けた結果… 身体に大きな変化が…

エチオピアのスルマ族の儀式!少女の体を切り刻む痛く美しい儀式だった!

エチオピアのスルマ族の儀式… 少女の体を切り刻む痛く美しい儀式が存在した…

1928年のサラリーマンの1日!ホワイト過ぎて憧れると話題に!

1928年のサラリーマンの1日、ホワイト過ぎて憧れると話題に…

10円玉2枚で切れ目がない袋をスパッと切る方法!ハサミがない時に便利だと話題に!

10円玉2枚で切れ目がない袋をスパッと切る方法… ハサミがない時に便利だと話題に…