豆知識

雨をしのぐ技術が平安時代の傘から進歩してない理由!なかなか根深い問題だった!

投稿日:

雨をしのぐ技術が平安時代の傘から進歩してない理由…
なかなか根深い問題だった…

平安時代から変わらない傘の姿!

映画やドラマの悲しいシーンではよく雨が降っていますね。
それだけ雨は多くの人々を憂鬱にさせるものとして
世界中で認識されてきました。

こうした気分をもたらす理由のひとつに
雨対策の煩わしさがあげられます。

普通、雨に濡れるのを防ぐ対策といえば、
傘をさすか雨合羽を着る以外にはまずありません。

傘をさせば片手が不自由になり、雨合羽は着脱が面倒と言われます。
雨対策の面倒さはそのまま私たちの雨嫌いにつながっているようです。

2014年頃、空気の壁で雨に濡れるのを防ぐ
エアーアンブレラというものが話題になりました。

新体操で使うバトンのような形をしていますが、
かなりユニークな機能を兼ね備えています。

下から空気を吸い込んでバトンの先のような部分から空気を吹き出し、
その空気の膜で雨をしのげるという構造になっています。
これにより傘布の部分いらずで雨を防ぐことが可能になりました。

しかし、こちらはいまだ商品化には至っておらず、
現在大半の人は傘をさすことを選んでいます。

そんな雨傘の歴史は日本では平安時代にまで遡ります。
日本人は日傘からヒントを得て雨傘を開発・導入するに至ったそうです。

意外と深い傘の歴史!

傘の歴史は4000年前に遡ります。

日傘としての使用はすでに約4000年も前に始まっているようで
エジプトやペルシャなどに証拠づける壁画などが発見されています。

傘はもともと貴族や高僧の日よけとして使われていて
「尊い人を日差しから守るとともに権威の象徴であった」

日本の傘の歴史は明治時代にイギリスイタリヤから輸入された
「西洋傘」と「和傘」のふたつルーツがあります。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

高速道路や本線へ合流する時のウィンカーは「左右」どっち?意外と分からないと話題に!

あなたも、間違えてませんか!? 高速道路や本線へ合流する時のウィンカーは「左」「右」どっちでしょうか?

【仕事を教える人必見】この3つの図だけで教わる人へと伝えることができます♪

『職場で使える虎の巻』がSNSで話題に! 仕事を教える人必見です。図を見るだけで伝えることができます!

カラコンを使わずに瞳の色は変えれる!あるものを食べ続ければ誰でも黒目から青目に!

カラコンを使わずに瞳の色は変えれる… あるものを食べ続ければ誰でも黒目から青目に…

車を傷める間違った洗車のやり方4選!知らずにやってしまっていると話題に!

車を傷める間違った洗車のやり方4選… 知らずにやってしまっていると話題に…

日本郵便の年賀はがきの仕掛け!遊び心が可愛いと話題に!

日本郵便の年賀はがきの仕掛け… 遊び心が可愛いと話題に…