驚き

実際にあった性器への拷問器具!残酷極まりない器具ばかりだった!

投稿日:

実際にあった性器への拷問器具…
残酷極まりない器具ばかりだった…

実際にあった性器への拷問器具!

中世ヨーロッパで頻繁に使われたという拷問器具。
主に女性に使われていました。

今回はそんな実際にあった性器への拷問器具を紹介します。

張り型

木を男性器の形に加工したもの。

基本的には性的な責めを行うためのもので
正式な拷問ではなく遊郭などでの私刑に使用されました。
ズイキを巻いたり、唐辛子や塩をまぶしたりして使用することもある。

極端なものになると性器を破壊してしまうために
針などが植え付けられていることもありました。

そういったものでも「私刑」的な使われ方をすることがほとんどです。

木馬

背を鋭く尖らせた三角形の木材に跨らせる拷問。
一般的には、被疑者を全裸もしくは下半身を裸にして、木馬に跨らせます。

両腕を後ろで縛り、縄で天井より吊すことによって、
木馬から落下することを防着ます。

女性の場合は毛髪を縛り、これを吊すこともありました。

この状態で被疑者の体重がすべて股間に掛かることになり、
その苦痛は凄まじいそうです。

苦痛の梨

洋梨の形をした鉄製の器具で細くなった側にはネジがついています。

このネジを回すと太い側が四つに割れて開くようになっており、
膣に挿入後、ネジを回して膣を押し広げ苦痛を与えた。

数少ない性器に対する責めを目的とした器具です。

ユダの揺りかご

中世のユダの揺りかごは最も不穏な拷問方法の1つです。

犠牲者をピラミッドのような装置の上につり上げ、
尖端に向かって無理やり降ろします。

串刺しにも似ている拷問具。

数本のロープで天井からつるした人間を
ピラミッド型の模型がついた架台に肛門などの開口部から座らせ、
体の重みでゆっくりと沈ませていきます。

恥辱を伴わせるために裸にされ、その上、
装置は洗われないまま使い回されていたため、
拷問自体で絶命しなくても感染症で死亡することもあったそうです。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

毎年大勢の命を奪う15の危険な道路⇒心臓が飛び出しそうになる道路をご紹介します。

\News BFC に『いいね』お願いします/ 毎年大勢の命を奪う15の危険な道路。 心臓が飛び出しそうになる道路をご紹介します! 世界でもっとも危険な道路① ▼コリマ・ハイウエイ、ロシア ヤクーツク …

25歳で死刑となった山地悠紀夫の生い立ち!人生が悲惨すぎると話題に!

25歳で死刑となった山地悠紀夫の生い立ち… 人生が悲惨すぎると話題に…

もし1年間喋らなかったらどうなるのか?これはヤバイ!

もし1年間喋らなかったらどうなるのか? これはヤバイ…

身長223cm・体重140kgのデカすぎるグラマラス美女!胸もガチでスイカと同じ大きさだった!

身長223cm・体重140kgのデカすぎるグラマラス美女をご紹介します!

エベレストでの標高8000mの世界!通称デスゾーンでの驚くべき常識が話題に!

エベレストでの標高8000mの世界… 通称デスゾーンでの驚くべき常識が話題に…