豆知識

性行為をやめると現れる身体の変化10選!メリットばかりだった!

投稿日:

性行為をやめると現れる身体の変化10選!
デメリットばかりだった…

性行為をやめると身体に現れる変化!

結婚して長くなるとパートナーとの営みが減るのは珍しくありません。
しかし、しなくなったり禁欲期間が続くと身体に色々な変化が起こっていきます。

今回は性行為をやめると身体に現れる変化を紹介します。

1.病気になりやすくなる

平均週1~2回の行為をしている人は
1回未満か全くしない人よりも
免疫グロブリンが高いレベルにあることが判明しています。

免疫グロブリンは免疫力を高める効果を持つ抗体タンパク質で
このレベルが低いと免疫力が落ちて風邪やインフルエンザ、
その他の感染症にかかりやすくなってしまいます。

長い間してない場合、
ハーブティーなどで免疫力アップをするとよいです。

2.がんリスクの増大

男性は前立腺がんのリスクと関連があることが知られています。
「月に21回以上射精する男性は
月に4~7回射精する男性よりも前立腺がんリスクが約22%低下」

という研究がアメリカで発表されています。

女性の場合は、パートナーに触られる機会があるおかげで
乳がんの発見がされやすくなると言われています。

3.ストレスが溜まる

「2週間に1回程度していればストレスを溜め込まない」と
スコットランド・ペイズリー大学の
Stuart Brody教授は導き出しています。

快感を得ることによって身体がリラックスし、
ストレスレベルが下がることは誰しもが経験的に知っている通り。

我慢することで余計にストレスを溜めてしまうこともありますので
我慢するべきではありません。

4.パートナーとの距離が広がる

パートナーとの営みがなくなるとパートナーが
浮気してないかなど不安な感情が湧き上がったり、
関係が不安定になってしまうことがあります。

大切なコミュニケーションの機会なので
レスになる前に2人で話し合うとよいですね。

5.性的欲求が低下する

長い禁欲生活を続けるとホルモンの分泌に大きな影響が出てきます。

性欲に影響を及ぼすホルモンの分泌が低下し、
興味が薄れ性的欲求の低下へと繋がります。

逆に行為による快感や幸福感は
脳からドーパミンやセロトニンといった脳内物質の分泌を促し、
自律神経やホルモンのバランスを整えてくれます。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

世界に存在する信じられない法律14選!どれも頭おかしい法律ばかりだった!

世界には馬鹿げた法律が数多く存在します。 中には笑えるものもいくつかありますが、 人種差別や個人の自由に関する疑問を投げかけるものも多く、 信じられないような時代錯誤的なものもあります。 今回はそんな …

交通事故の被害者になって保険会社の対応が悪い時、一発で対応が良くなる方法!

交通事故の被害者になって保険会社の対応が悪い時、 一発で対応が良くなる方法…

海外のホテルに420号室がない理由!これは作ったらダメだわと話題に!

海外のホテルに420号室がない理由… これは作ったらダメだわと話題に…

エチオピアのスルマ族の儀式!少女の体を切り刻む痛く美しい儀式だった!

エチオピアのスルマ族の儀式… 少女の体を切り刻む痛く美しい儀式が存在した…

江戸時代の性事情!今と比べると羨ましい時代だと話題に!

現代は昔に比べると便利になって食べ物に困ることもなく裕福な時代でもあります。 江戸時代と比較すると格別にいいような気もしますが、 性事情に関しては昔の方がよかった!なんてこともあるようです。