驚き

実際に行われていた処刑方法!恐ろしすぎる!

投稿日:

『閲覧注意』
実際に行われていた処刑方法…
恐ろしすぎる…

現代の先進国においては法システムがきちんと機能して、
死刑においても公正な裁きのもと処刑が行われます。

しかし、かつては犠牲者の苦痛をできるだけ長引かせ
この世の地獄をとことん味合わせるよう
わざわざ考えられた残虐な処刑が実際に行われていました。

Scaphism

古代ペルシャで行われていた処刑方法。
犠牲者にミルクやハチミツを無理やり大量に食べさせて下痢を起こさせ、
裸の皮膚にハチミツを塗って木の幹に縛りつけ、淀んだ池の上に放置する。

その体や排泄物に虫が引き寄せられてたかり、
皮膚を食い破り卵を産みつけ始める。

壊疽が広がり、飢餓と脱水症状とショックで
じわじわと2週間以上かけて死に至る

ギロチン

苦しめずに人道的に処刑するためという理由で11の車裂きの刑の後、
1700年代後半にフランスで考案された。
フランスで最後にギロチンによる処刑が行われたのは1977年。

共和政心中刑

フランス革命時に行われていた男女を縛りつけて川へ沈める奇妙な処刑法。

セメント靴

アメリカのマフィアが好んで使った処刑方法。
足をセメントで固めて浮かんでこないようにして水に沈める

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

野生の熊に観光客が何気なく与えたソーセージ!その後あってはならない悲劇を招くことに!

野生の熊に観光客が何気なく与えたソーセージ… その後あってはならない悲劇を招くことに…

千日デパート火災の恐怖!跡地で確認された心霊現象が恐ろしい!

千日デパート火災の心霊が怖すぎる… 生存者は飛び降りで助かった?

コモドオオトカゲVSキングコブラ!壮絶な戦いの貴重映像が話題に!

コモドオオトカゲVSキングコブラ… 壮絶な戦いの貴重映像が話題に…

体中から爪が生える奇病と10年闘い続ける女性!患者は世界でたった一人の女性の現在が話題に!

体中から爪が生える奇病と10年闘い続ける女性… 患者は世界でたった一人の女性の現在が話題に…

現場監督「下請けの分際で!お前らは出禁だ!」爺「分かった。ウチは手を引く。」その結果!?

現場監督「下請けの分際で!お前らは出禁だ!」 爺「分かった。ウチは手を引く。」 その結果…とんでもないことに…w