体験談

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー!クレイジーすぎると話題に!

投稿日:

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー…
クレイジーすぎると話題に…

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー!

クレイジーと言われてしまいそうな表現活動を続けるのは
フォトグラファーのヨシダナギさん(29歳)。

独学で写真を学び、
2009年からアフリカでの撮影をスタート。

現在に至るまで様々な秘境や僻地で活動を続けています。

少数民族と「同じ格好」になって写真を撮るという、
独特の撮影スタイルで注目を集めているナギさん。

なぜ現在の表現活動の場としてアフリカを選んでいるのかというと

小さい頃に抱いていた「アフリカ人になりたい」という夢は
かなわないことに気がついちゃったんですが、
やっぱりそれが初期衝動ですね。

それで実際に行ってみたらアジアとか他のエリアでは起きないような
ハプニングが多くて、その刺激に病みつきになりました(笑)。

だそうで2009年なので23歳のときで
エジプトとエチオピアに行きました。

エチオピアには少数民族がたくさんいると聞いて、
一度にたくさんの少数民族に会いたいなと思って行ったそうです。

普通にそこら辺にいるアフリカの人たちは
ケラケラ陽気に笑っていてパワフルで、
私が想像していたアフリカ人そのものでしたが、
いざアフリカの少数民族に会ってみたら、
思っていたのとは全く違うものでした。

少数民族の人たちはものすごくビジネスライクで
凄くガッカリしたというか、もどかしかったです。

ちゃっちゃと写真を撮って早く帰れ、みたいな。

私はもっと触れ合いたいなと思っていたので
彼らの笑顔が見れなかったことが残念でした。

 

脱ぐというスタイルはなぜ生まれたのか!

初めて少数民族に会いに行ったときは脱いでいないんです。
このスタイルを始めたのは2012年。

3回目のアフリカ渡航のとき
カメルーンの山岳地帯に暮らすコマ族の村で初めて脱ぎました。

脱ぎたいとはずっと思っていたんですけど、
英語が全くしゃべれなくて意思を伝えられなかったんです。

あと性格もシャイだったので。

言葉も言い出すタイミングもわからなかったので
2回目の旅までは言えませんでした。

3回目はある程度意思疎通ができるレベルの
語学力を身につけたので挑んでみました。

それと彼らを相手に現場で
「よし、脱いでやれ!」となった経緯を教えて下さい。

勉強は嫌いなんで1回もしてないです(笑)。

現地でその都度英語を覚えていって
ワードが揃ったという感じです。

日本にいるときから
「もし次、どこかで裸に近い格好をしている民族に会った時は脱いでみよう」
と心に決めていて、それがたまたまコマ族だったんです。

現場には日本人は私ひとりでしたが、
通訳が英語→フランス語が1人と、
フランス語→コマ族の言語通訳が1人。

計2人通訳がいました。

「脱ぎたいんだけど」と言ったら
「お前、正気か?」と1回止められて。

「本気だから彼らに伝えて」とフランス語の通訳に
言ってもらったら「本気か? やめとけ」と、
コマ族の言語の通訳にまた止められて。

で、「いいから頼んでくれ!」と
コマ族に伝えてもらったら「脱いでいいよ」
ということになって、
コマ族のおばちゃん達に囲まれて服を脱ぎました。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

長女には厳しく次女は甘やかす育児をした母親!今更になって大きな間違いだったと気づく!

長女には厳しく次女は甘やかす育児をした母親… 今更になって大きな誤ちだったと気づく…

息子のハーフバースデーで貰ったサプライズプレゼント!思わず涙が!

息子のハーフバースデーで貰ったサプライズプレゼント… 思わず涙が…

あなたの健康状態は大丈夫!?これが出来ないと死亡率が高めの危険なサインかも…。

健康に気をつけていても、これが出来ないと死亡率が高めの危険なサインかもしれません。

コンビニの接客業の人が思う「やめてほしい事」こんな客は嫌がられる!

ちょっとしたものがなんでも揃うコンビニ。 そんな便利なコンビニですが、接客業をしているとあるTwitterユーザーが、 レジのバイトで思うことをツイートし、4万人以上に拡散され話題になりました。

とある超大企業でエレベーターに乗ったら、社員「下請けなら階段使え。常識ないの?」俺「下請けじゃないです」

とある超大企業でエレベーターに乗ったら、 社員「下請けなら階段使え。常識ないの?」 俺「下請けじゃないです」