体験談

娘が産まれて6年、嫁がまともな飯を作らない。話し合いで衝撃の事実が発覚!

投稿日:

娘が産まれて6年、嫁がまともな飯を作らない。
話し合いで衝撃の事実が発覚⇒嫁「6年も気づいてなかったんだ」俺「ごめん…」

嫁が飯を普通に作れないが…

嫁は子育てが忙しいって理由で料理をしなくなった。

子供が生まれる前はちゃんと旨い飯を毎日きちんと作ってくれていたから
料理ができないとかいうわけではないんだが、
とにかく今は作らない。食卓の品数こそ変わらんが、
惣菜やら味付きで売ってる肉をやいたりだのまともな料理をしてる!
って飯がでてこない。

俺だって仕事から疲れて帰ってあったかい家庭飯が食べたい。

嫁が普通の飯を作ってくれるようになる打開策はないだろうか。
飯以外は不満もないしよくやってくれてるんだが…

前みたいな手料理が食べたいってやんわり伝えたことはあるんだが

「とても子供抱えてそんなことできない。
この食事がいやならアナタが作って」

なんて言われてそのままなあなあになってる。

話合ったよくあさ起きたら嫁が子供つれて実家に帰ってた。
色々と頭が回らないが…

とりあえずなんとか半休貰ってきたから嫁実家にいってくる。

結論からいうと嫁が飯を普通に作れないのは当たり前だったのに俺が
ネチネチと言い続けてしまったということだった。

俺は仕事が忙しいからと家事も育児も専業主婦の嫁に任せきりだった。

本当に激務で毎日ヘトヘトだったし嫁も労わってくれていたし、
イクメンとか言われる最近にしちゃ古いかもしれんが
これが普通だと思って生活してきた。

育児があれば忙しくもなるだろうけど嫁も専業主婦なんだから
多少手抜きはしても料理位できるはずだと俺もモヤってたわけだ。

ところが今日衝撃の事実を知ることになる…。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

「一目惚れしました」40歳中年男が中学生少女に声をかけた結果!

「一目惚れしました」 40歳中年男が中学生少女に声をかけた結果…

お金より愛を選んで結婚した女性!現実の厳しさに後悔の日々!

お金より愛を選んで結婚した女性… 現実の厳しさに後悔の日々…

警察の制服着て警察手帳みせられても疑え!本物の警察官が教えてくれた!

警察の制服着て警察手帳みせられても疑え! 本物の警察官が教えてくれた…

飛び降りをしようとした高校生を!止めたのは母が財布から取り出したあるものだった!

飛び降りをしようとした高校生を… 止めたのは母が財布から取り出したあるものだった…

ご近所A『化粧品たくさんあるんなら貰おうか?』私『人様にあげる分はないです』A『デパートの袋持ってたってBさんが言ってた』⇨後日、A・B『お巡りさん!この人泥棒です!』

ご近所A『化粧品たくさんあるんなら貰おうか?』私『人様にあげる分はないです』 A『デパートの袋持ってたってBさんが言ってた』⇨後日、A・B『お巡りさん!この人泥棒です!』