体験談

遭難者「いやー道に迷ってしまってw助かりました」 警察「はい、車から降りてー」

投稿日:

遭難者「いやー道に迷ってしまってw助かりました」
警察「はい、車から降りてー」
俺「おめでとう。これであんたらも前科一犯だな。罰金50万払ってね」
遭難者「えっ!」

山菜泥棒に仕掛けた罠

趣味で炭焼いてんだけど
山菜を採りに来て迷った連中をおとしいれるのが
もう一つの趣味です。

叔父んとこの炭焼き小屋なんだけど、
叔父が腰を痛めてからは時々暇な時に焼いてる大体春と秋。

山の中腹にあるんだけど、一族代々凝り性なのか
そうとう快適な空間が出来上がってる
来るまでの道も舗装まではしてないけど、
普通に軽トラ通れるし電線、水道は引いてないけど、
近くの沢からひいた水があるし、
その水を利用した水車となぜかあるソーラーパネルで
明かりと携帯や電池の充電くらいはできる。

それで小屋のある山は町から山1つ越したとこで
(村にしか見えんけど、自称町)
道がしっかりしてるからよくハイカーやら山菜泥やらがくるわけ。

ちなみに俺や叔父が入っていないときは
道の入口にあたる場所に杭があって車は入れなくなってる。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

女「この人触りました」冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、警察と被害者女性が青ざめた。女「許して…」警察「それだけはご勘弁を…」

女「この人触りました」 冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、 警察と被害者女性が青ざめた。 女「許して…」 警察「それだけはご勘弁を…」

彼氏が加入していた地元の消防青年団!飲み会、旅行と称して!

彼氏が加入していた地元の消防青年団… 飲み会、旅行と称して…

電車の中で泣きながら書き物をしているスーツ姿の女性!ノートを覗き込んでみると!

電車の中で泣きながら書き物をしているスーツ姿の女性… ノートを覗き込んでみると…

3年間、刑務所で過ごした男性!家族のために頑張ろうと出所したが迎えに来たのは嫁ではなく!

3年間、刑務所で過ごした男性… 家族のために頑張ろうと思って出所したが迎えに来たのは…

暴力団に履歴書を送った結果!衝撃の結果に!

日本を代表する暴力団組織である住吉会に履歴書を送りつけたと話題となりました。