泣ける話

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。『これください』薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』買いに来たものを知って涙が止まらない!

投稿日:

ひとりで薬局に来た8歳の女の子。
『これください』
薬剤師『ごめんね、そういうの売ってないんだ』
買いに来たものを知って涙が止まらない・・・

あなたは奇跡のような体験をしたことがあるでしょうか?

今からお話するのはアメリカ人のテスという
女の子の奇跡のようなお話。

テスは明るく元気な8歳になってばかりの女の子。
テスの家族はパパ、ママ、そして弟のアンドリューの4人。

ある日テスは両親がアンドリューのことについて
話しているのを耳にしてしまいます。

その内容とはアンドリューが重い病気であり、
家にはまったくお金が残っていないという厳しい現実。

家族は今よりも家賃の安い小さなアパートに
移りすまなければならないほど余裕がなく、
パパには弟のアンドリューの病気を治す為に必要な医療費を支払う
お金がないということ。

そうは言ってもアンドリューには手術が必要です。

「アンドリューが助かるには奇跡が必要かもしれない」

パパがそんな言葉を口にしているのを耳にして、
テスはあることを思いついたのです…

テスは自分の貯金箱を開けて中に入っていた
小銭の数を何度も確かめます。

そして再び小銭を貯金箱の中へと戻し、
それを抱えてこっそりと誰にも知られないように家を出ました。

テスは家からそう遠くない薬局へたどり着き、
店の中の列に並び順番を待ちます。

しかし、一向に終わる気配のない薬剤師と前の客との長話。

足踏みをしたり、咳払いをしてみても
気づく様子がなかったので、
テスはついにしびれをきらして貯金箱に入った小銭を
薬局のカウンターへとぶちまけました。

> 続きを読む 

-泣ける話

執筆者:

関連記事

交通事故で家内を亡くし加害者から謝罪を受けた男性!悲しみから立ち直ることを決意するが…。

交通事故で家内を亡くした男性。 加害者から謝罪を受け悲しみから立ち直ることを決意するが…。

ダウン症を抱えている娘を持つ母親!カフェで見知らぬ人の言葉に涙が止まらなかった…。

ダウン症を抱えている娘を持つ母親がカフェにいると見知らぬ人から声をかけられた。 母は、見知らぬ人からかけられた言葉に涙が止まらなかった…。

物悲しい顔でいつまでも道路に横たる犬!動かない理由が悲しすぎて心に突き刺さる!

道路のに横たわったまま動こうとしない一匹の犬。 その理由があまりに悲しすぎたのです!

余命わずかな女の子と幼なじみの男の子が病室で『結婚しよう!』の夢を叶える!

余命わずかな女の子と幼なじみの男の子が病室で『結婚しよう!』の夢を叶える!

結婚70年目の夫婦。毎年の誕生日の願いは「並んで昼寝すること」夫婦の予想外の結末に涙する…。

結婚70年目の夫婦。 誕生日の願いは「並んで昼寝すること!」 その「願い」は予想外の結末により胸が熱くなりました…。