豆知識

江戸時代のヤバイすぎる生理の処理方法!現代では考えられない処理方法だった!

投稿日:

生理になった時、現代の女性たちは、生理用ナプキンやタンポンで処理していますが、
そうしたモノがなかった江戸時代の女性たちは、生理の時にはどのように対処していたのでしょうか。
今回はそんな江戸時代の生理の処理方法を紹介します。

江戸時代の生理の処理方法!

江戸時代にはボロ布や浅草紙をふんどしのようなもので
包んで押さえることがあったようです。

浅草紙というのは使用済みの和紙、
例えば筆で文字を書いた後の紙を水に濡らし、叩いて砕き、
すいて平らに薄くのばしたものです。

現代風に言えば、再生紙です。

とてもやすいために庶民の間ではよく使われていました。
トイレットペーパーとして使われるほか、
生理の際にも丸めてナプキン代わりにされています。

都市部では浅草紙などを使うことが出来ましたが、
農村部にはそんなものはありません。

紙そのものが貴重品ですので、
トイレや生理などに使うわけにはいきません。

代わりに田舎には天然の素材がたくさんありました。

綿やススキの穂など柔らかいものをナプキン代わりに当てたり、
タンポンのように膣に挿入したりもしていたそうです。

田舎のことゆえ、
垂れ流しにしているケースも少なくなかったようです。

江戸時代には血は不浄なものとされていましたので
農村部では生理期間中は家族とは接しないように
離れなどの別の部屋で生活することもありました。

誰とも接しないため、
生理の血を気にすることもなかったのかもしれません。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

あまり知られていない火葬中に起きてる事!火葬場の裏話がカオスだった!

あまり知られていない火葬中に起きてる事… 火葬場の裏話がカオスだった…

なぜか合法な日本のグレーゾーン7選!警察も見て見ぬふり?

なぜか合法な日本のグレーゾーン7選… 警察も見て見ぬふり?

ハエが触れた食べ物はどうなるのか?ハエはゴキブリの2倍のバイ菌だらけだった!

ハエはレストランやスーパー、トイレなどどこにでもいますが、 あのハエが触れた食べ物はどうなるのでしょうか。 今回はハエが食べ物にとまったらどうなるのかを紹介します。

「植物にコレがついていたら速攻捨てろ!」フェイスブックのある投稿が話題に!

「植物にコレがついていたら速攻捨てろ!」 フェイスブックのある投稿が話題に!

全国各地に存在する結界の驚きの事実!日本は結界で守られていた!

全国各地に存在する結界の驚きの事実… 日本は結界で守られていた…