体験談

交通事故にあった時に絶対やっちゃダメな危険行為!90%以上の人がやっていることだった!

投稿日:

医療技術の発達により交通死亡者数は年々減少傾向にありますが、
実は交通事故件数と負傷者の数は増加傾向にあるようです。
多くの方は交通事故に遭った際、どんな対応をすれば良いのかパニックになってしまい、
取り返しのつかない事態へと発展してしまうことがあるそうです。

交通事故にあった時に絶対やっちゃダメな行為!

Twitterユーザーであるトメ@tome_3さんが投稿した事故後に絶対してはいけないこと。

冷静さを失った事故加害者や
被害者の間ではついついやりがちな「あること」があります。
それは自分を含めた、誰かの命を奪うことになるかもしれない
「絶対にしてはいけないこと」だったのです。

ナースに聞いた話ですけど、病院の受付に来て保険証を出したとたんバッタリ倒れてそのまま帰らぬ人になるパターンがたまにあるとのこと。
よくよく調べると内臓にダメェジを負っていて、内出血で死亡。

交通事故にあって気が動転して「大丈夫です!」ってその場を後にして病院でパタン…怖いです。

 

引用:https://twitter.com/tome_3/status/685046936626307072

交通事故に遭った人が自力で受付に来ましたが、
実は内臓に大きなダメージを負っており、
保険証を出した途端に容態が悪化しそのまま倒れてしまったようです。

この人は、どうやら事故が発生した後、救急車には乗らなかったようです。
そして体の異変を感じ始めたころに病院へと足を運ぶのですが、
その時すでに遅し。帰らぬ人となってしまったのです。

事故後は気が動転しており、
自分の体の変化に気づきにくいもの。

さらにトメ@tome_3さんはこのように語ります。

特に子供は事故に遭ったことを隠す場合があり、外側のダメェジよりも内臓のダメェジのほうが大きい(大きな血管を損傷する可能性、臓器を損傷すると出血多量)上に見つけにくいので、ホント事故に遭ったら「大丈夫です」って言ってその場を去っちゃダメです。
立てても歩けても救急車です。

 

引用:https://twitter.com/tome_3/status/685047574084976640

もし間違って歩行者を事故に巻き込んでしまっても、見た目なんともなくても絶対に救急車を呼んだほうが間違いないです。
いくら本人が嫌がっても首に縄つけてでも救急車です。
ナースあるあるな話だそうですので、皆様も気を付けて…!

 

引用:https://twitter.com/tome_3/status/685047963517726720

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

娘が産まれて6年、嫁がまともな飯を作らない。話し合いで衝撃の事実が発覚!

娘が産まれて6年、嫁がまともな飯を作らない。 話し合いで衝撃の事実が発覚⇒嫁「6年も気づいてなかったんだ」俺「ごめん…」

宇宙に打ち上げた小型カメラの2年後!映っていたのは感動的な映像だった!

宇宙に打ち上げた小型カメラの2年後… 映っていたのは感動的な映像だった…

4年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子!その時母は一滴の涙も流さなかった!

4年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子… その時、母は一滴の涙も流さなかった…

ホテル業界で働く人からのあるお願い!飲みかけのペットボトルは!

ホテル業界で働く人からのあるお願い… 飲みかけのペットボトルは…

ひき逃げ事件で人生が狂った男性!加害者が慰謝料を拒んだ結果、取り返しのつかない事に!

ひき逃げ事件で人生が狂った男性… 加害者が慰謝料を拒んだ結果、取り返しのつかない事に…