いい話

「ぼくの人生こんぺいとう」自分の発達障害について書いた小学生の作文に心打たれる!

投稿日:

発達障害は診断が難しく、人権の問題もあるため、発達障害を持つ人の数は正確にはわかっていません。

しかし、実際は児童の約10%が、発達障害を抱えているのではと言われています。

今回は自分の発達障害について書いた小学生の作文を紹介します。

発達障害とは!

発達障害とはASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、
ADHD(注意欠如多動性障害)、そしてLD(学習障害)の大きく3つに分けられます。
いずれも脳機能に関係する障害・特性です。

発達障害の早期発見により、早い時期から専門的な療育を受け、
周囲が適切な支援をすることはその子の発育に良い影響を与え、
とても重要なことだとされています。

早期発見によりその子供の心が
健全に育っていくことの助けになります。

みんなが出来る事でも発達障害の場合、
なかなかできないこともあります。

そのような場面で適切な対応や支援がなければ、
その子の自信を失うことにつながり、ストレスを溜める原因になってしまいます。

今の時代は隠すことなく
その子供に合った教育・生活指導・関わりが大切です。

そんな発達障害ですが、
理解不足から障害だと気づかない場合も多く、
そのことで周囲に誤解されたり、悩み苦しむ事が多いそうです。

そんな中、勇気を出して自分の発達障害を作文で紹介した小学生がいました。

平成21年度人権作品コンクール小学校作文の部で
最優秀賞に輝いた国府小学校6年の河上光くんの作文です。

> 続きを読む 

-いい話

執筆者:

関連記事

19歳の若い命を救えなかった救急救命の医師!打ちひしがれる後ろ姿に心が痛む!

19歳の若い命を救えなかった救急救命の医師… 打ちひしがれる後ろ姿に心が痛む…

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。保護団体に救出され聖地で仲間と感動の再会!

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。 保護団体に救出され、聖地で仲間と涙の再会!

女性「離婚歴がある女なんて嫌だよね…」バーのイケメン店員の放った言葉が素敵すぎる!

\♡『いいね』お願いします♡/ ある投稿者が、離婚歴のある女友達とバーに遊びに行ったときの店員の会話がネットで話題になっているので紹介します。 「離婚歴がある女なんて嫌だよね…」 出典:sweetsf …

マンションで赤ん坊の泣き声がうるさいと苦情⇒それを受けた管理人が配布した『意見書』が胸に突き刺さる!

マンションで赤ん坊の泣き声がうるさいと苦情。 それを受けた管理人が配布した『意見書』が胸に突き刺さる!

酔っ払って帰宅した旦那の口から出た本音に胸キュン!

珍しく旦那がへべれけに酔ってご帰宅。