驚き

タンポンを股の間に入れた女性モデル…結果!片足を失うことに!

投稿日:

2012年、モデルのローレン・ワッサーは、右足の膝から下を切断することになりました。

その原因となったのは生理用品のタンポン。
今回はあまり知られていないタンポンに潜む危険性を紹介します。

タンポンで足を切断したモデル!

ロサンゼルスを拠点とする
モデル・女優のローレン・ワッサー。

しかし、2012年に彼女は
トキシックショック症候群(TSS)となりました。

ある日、ローレン・ワッサーは突然の体調不良に見舞われ、
急激に体温が41度にまで上昇し、
すぐに病院へと救急搬送されました。

その時彼女を担当した医師によれば、
病院に運び込まれるのがあと10分遅かったら彼女の命はなかったと言います。

そして、そこで「トキシックショック症候群(TSS)」との診断を受けました。

TSSは黄色ブドウ球菌が作り出す毒素が原因で発症する急性疾患で
ローレンの場合、一命は取り留めたものの
すでに体の複数の場所で血液の供給が低下することなどが原因で生じる
壊死を起こしていたため、右脚の膝から下を切断せざるをえなかったという。

しかしその後、ローレンは回復し、盛んな活動へと乗り出しました。

再びメディアに登場することに!

2015年12月、この人生経験から数か月後、
ローレンは再びメディアに出ました。

足を失って以来初めて運動靴やスニーカーを着用したのです。

ローランのモデル写真の大半は義足ですが、
雑誌でこう述べています。

「giving me the opportunity to share a different side of beauty as well as create change within the fashion industry by going against the norm」

(私の異なる美しさを表現する機会が与えられ、
普通とは違うことでファッション業界に革命を起こす機会を得た)

ローレンがTSSを克服し、その広報に対して意欲的です。

しかし悲しいことに彼女の戦いはいまだに終わっていません。
ローレンは左足を失うことが予想される悲しいニュースを明らかにしました。

「私は毎日痛みを訴えています……
左足に開いた腫瘍、かかと、つま先はありません」

「数カ月以内に私は左足を切断するつもりです。その対処法はありません。
私にできることはこれが他人に起こらないようにすることです」

彼女はこれが他人に起こらないように
ローレン・ダニエルソン法として支持を得ています。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

海外の警察官が無抵抗の犬を射殺!その悪魔のような行為に非難殺到!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 海外の警察官が、無抵抗で何の罪もない飼い犬を射殺するという事件を起こして非難が殺到しているというのです。 問題を起こしがちな海外の警察 出典:livel …

北朝鮮が他国に決して見せたくない実態!これは決して見せられない!

北朝鮮が他国に決して見せたくない実態… これは決して見せられない…

「絶対彼女にしたくない血液型ランキング」意外な第一位とは?

\News BFC に『いいね』お願いします/ とある恋愛マッチングサイトが行った「絶対彼女にしたくない血液型ランキング」が話題に。 気になる第一位とは? 意外な結果にビックリ・・・ 彼女にしたくない …

死刑囚となった元暴力団組長の残した恐怖の手紙!内容が怖すぎて鳥肌もの!

死刑囚となった元暴力団組長の残した恐怖の手紙… 内容が怖すぎて鳥肌もの…

Twitterに投稿された動くアニサキスの動画!衝撃映像だと話題に!

Twitterに投稿された動くアニサキスの動画… 衝撃映像だと話題に…