豆知識

女子刑務所の性処理事情が明らかに!知られざる刑務所の世界が想像以上にエグかった!

投稿日:

女子刑務所の性処理事情が明らかに
知られざる刑務所の世界が想像以上にエグかった…

男性刑務所では受刑者の自慰行為は懲罰の対象
なっているそうです。

実際は刑務所内や差し入れなどで
エロ本などの入手も可能なので
暗黙の了解で可能だという噂もあります。

一方の女性刑務所でもやはり同じで
わいせつ行為等といった遵守事項違反になるそうです。

しかし、実際はやはりトイレから
なかなか戻ってこない受刑者もいるようで・・・

今回はそんな知られざる女子刑務所の性処理事情を紹介します。

女子刑務所の性処理事情!

なかなかトイレから戻ってこない受刑者が入れば同室内では

「さっき軟膏持って行ったからやってるんじゃないの?」

と噂になるそうです。

軟膏は医務課から必要に応じて処方されるそうで
治療以外に使えば「物品等不正使用」といった懲罰の対象に。

だから隠れてトイレで・・・ということも多いそう。

女性刑務所のトイレは上部が素通しのようになっていて
刑務官や他の受刑者からも見えるような状況

そんな時、ある受刑者が
頭にたんこぶを作ってトイレから戻ってきました。

仲間内では

「イク時に水を流すバーに頭をぶつけたのではないか?」

と噂になったこともあったそうです。

入浴があった日の夜、皆が寝静まった頃、
膝を立てているような形に布団が盛り上がっていて
その中からカサカサという音がしていました。

指が臭くならないようにこの日を選んでいるのでしょうか。
入浴日はいつもこうなるようです。

賢い人は体液で汚れてもいいように
入浴日の前日や当日の入浴前にやるのだそう

入浴日であればその日のうちに洗えるので
匂いも気にならないからだとか。

しかしながら、性欲が強い人は
毎日のように隠れて自慰行為をするので
悪臭を放ってしまうそうです。

おかずは一体・・・!

女性の場合は、男性ほどにエロ本もないためか、
やはりおかずは生身の男だそうです。

最大のおかずは男性刑務官。
ただし、イケメンはいないため顔は論外。

女性刑務所に努める男性刑務官にイケメンがいないのは
受刑者と恋に落ちると行った不祥事を避けるためだとも言われています。

イギリスでは男性刑務所に努める女性刑務官が
「美しすぎる」と行った理由で解雇されたほど。

刑務所の中では性欲が強くなる?

実際に刑務所に服役した経験がある人に話を聞くと
刑務所に入ってから「性欲自体が強くなった」のだそう。

多くの受刑者はひたすら我慢するのですが、
中にはこっそり行為をしている人もいました。

夜、みんなが寝静まっている時に
カサカサと音がしたら誰かが行為を始めた証拠です。

「やってはいけない」という状況が
さらに欲を増幅させるのでしょうか・・。

多くの受刑者は我慢しているようなので
ごく一部の人であるという前提を忘れてはいけませんが
女性刑務所の中で行為しまくる受刑者は確かにおり
刑務所内で悪い意味で有名人になってしまうようです。

ネットでの反応

・普通に生活していると知らないことばかりだわ。

・便所は水洗だろ、洗えばええやん

・夢を抱いているようだが、女子と言ってもゴリラみたいなのばかりだろうに

・女子刑務所内で風俗店でも開いて、一般男性向けに枕営業すればいいんじゃないの。
ちょっとは金になるし、性ストレスを発散させることにもなれば、一石二鳥でしょ。

 

 

参照元http://kwsklife.com/

-豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カーテンレールを物干し竿として使ってはいけない理由!やってたらすぐにやめて下さい!

洗濯物を部屋干しする際、 カーテンレールを物干し竿代わりにしてしまっているということありませんか? 実はすぐにやめたほうがいいみたいなんです。 今回はカーテンレールを物干し竿として使ってはいけない理由 …

モアイ像の謎!下に埋まっていたものがエグかった!

モアイ像の謎… 下に埋まっていたものがエグかった…

トイレ掃除でうっかり見落とす意外な場所を徹底分析⇒だから匂いが取れないのか!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 実は掃除の仕方に問題があったんです。 トイレ掃除の盲点 出典:Google画像 どこの家庭でもトイレ掃除は必ずしますよね。 小さなお子さんがいる家庭のト …

足に貼るだけで健康や疲労回復の効果!玉ねぎの便利な使い方8選をお届け!

玉ねぎは、食べる以外にも色々なことに使える万能な野菜です。 今回はそんな玉ねぎの便利な使い方8選をご紹介します!

75%のドライバーが間違っている危険な間違い!運転する前から間違っていた!

運転で一度もミスしてないという人はいませんし、ミスに気付かない時もあります。 しかしこれから挙げるミスは車の寿命を削り、事故につながる危険があります。 今回はそんな運転にまつわる75%のドライバーが間 …