いい話

耳に障害をもつお客様が居酒屋を予約して来店!お店の気遣いが素晴らしいとSNSで話題に!

投稿日:

耳に障害をもつお客様が居酒屋を予約して来店!

お店の気遣いが素晴らしいとSNSで話題に!

耳に障害をもつお客様がある居酒屋を予約しようとした時、
お店からは

「聴覚障害者は初めてなのですがどうしたら良いですか?」

と聞かれたそうです。
そして、実際に来店したところ、
こんな思いもよらない対応が待っていたのです。

耳に障害をもつお客様が居酒屋を予約して来店!

Twitterユーザーのねこさん(@mm_satou)が
山形のとある居酒屋を予約しようと
居酒屋に電話をした時のことです。

お店の人がねこさんに

「聴覚障害者は初めてなのですがどうしたら良いですか?」

と聞いてくれたそうです。

聴覚障害者に対し、
誠意を持って接客をしようとする姿勢に胸を打たれますよね。

そして、ねこさんが実際にその居酒屋を来店すると・・・

お店の心遣いがSNSで話題に!

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

某居酒屋を予約時「聴覚障害者は初めてなのですがどうしたら良いですか?」と聞いてくださった方の店。来店すると接客がこんなんで感激。聞こえない方が来ると分かってたので準備したとのこと。こういう心遣いができる店が全国に増えてほしいな。

 

引用:https://twitter.com/mm_satou/status/759918832853012480

これらのイラストは、居酒屋の店員さん曰く

「耳が聞こえない方が来ると分かっていたので用意した」

とのこと。

とても素敵なおもてなしですね。
イラストからは少しでもお店を楽しんでほしいという気持ちが伝わってきます。

秋葉原にも素敵な気遣いをしてくれるお店が!

聴覚障害者仲間と行った秋葉原にある日本酒が飲める居酒屋でこんな質問が。もちろん書いてお応えしました。おかげさまで、居心地も良かったし、お料理も美味しくいただけました。

 

引用:https://twitter.com/mamekaneko/status/760252301617471488

障がいのある方自身だけでなく、
障がいのある方を迎えるお店側にも不安はあることでしょう。

その時は

「わからないので教えてください」
「では、こうしてもらえますか?」

と素直に尋ねることでお互いに気持ちよく過ごせるのですね。

投稿者のねこさん自身、耳が不自由であり、
聴覚障がい者の社会問題を解決する取り組みを行っています。

この出来事がたくさんの人に広まってほしいと願っているそうです。

こんなお店が日本国内はもちろん、全世界にもっと増えてほしい…
それは障がいのあるなしにかかわらず、多くの人の願いだと思います。

ネットでの反応

・分からない事は、素直に聞く。聞いたらその対応を相手の身になって考える。
その気持ちが素晴らしい。一度行きたいお店ですね。

・聴覚障害者だから…と言うよりも
数あるお店の中からウチのお店を選んで下さったお客様が
たまたま聴覚障害者だったから健常者のお客様と同じくらい満足して頂こう!
と思ったら対応がこうなったって事なのでしょうね。
好きな人の喜ぶ顔見たさで工夫しようと考える気持ちと同じなのかもしれません。

・決してタブー視せずに分からないことは聞くという姿勢誠実だと思います。

 

 

参照元http://kwsklife.com/

-いい話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

生後2週間でこの世を去った双子の赤ちゃんが教えてくれた大切なこと…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 生後2週間でこの世を去った双子の赤ちゃんが教えてくれた大切なこととは… 双子の赤ちゃん 「双子ちゃんです!」 と言われ、やっと理解しました。 私はずっと …

犬や猫、大ピンチの動物たちを必死で助ける勇敢な人間ベスト10!

今回は、大ピンチに陥った動物たちを必死で助ける勇敢な人たちを紹介します。 さて、一体どんなに感動的な話が待っているのでしょうか?

おっさん「何回してガキこさえたんや?」と電車で妊婦に暴言!⇒数秒後、おっさんに驚きの制裁が!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 電車でおっさんが妊婦に「何回してガキこさえたんや?」と暴言を連発。 その数秒後、おっさんに驚きの制裁が…。 車内で暴言を吐く酔っぱらいに制裁! 地下鉄で …

満員バスの中、赤ちゃんが泣き止まないため降りようとしたお母さんに、運転手さんがこう言った…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 満員バスの中、赤ちゃんが泣き止まないため降りようとしたお母さんに、運転手さんがこう言った… 東京にいた、今から16年程前の 12月も半ば過ぎたころの話で …

余命宣告の夫と娘を捨てた嫁!その後の人生の展開に驚きを隠せない!

突然の不幸は誰にでも襲い掛かることはあるのです。 例えば大切な夫が余命宣告を受けるなんて。 貴方にもしこのようなことが起きたらどうしますか?