驚き

B型はA型をどう思ってる?B型から見た「A型の人にありがちなこと」5連発!

投稿日:

B型はA型をどう思ってる!?

B型から見た「A型の人にありがちなこと」5連発をご紹介します!

B型はA型をどう思ってる?

B型は、大変失礼なのですが、日本で最もイメージの悪い血液型だと言えると思います。

両親ともにB型の「エリートB」の筆者が言うのですから間違いないでしょう。

今回は『B型から見たA型にありがちなこと』について突っ込んでいきます。

そもそも日本人の40%を占める最大派閥のA型ですが、

  • 「几帳面」
  • 「まじめ」
  • 「協調性がある」

などと、プラスのイメージばかりが多いような気がします。

果たして本当のところはどうなのでしょうか?

B型から見た「A型の人にありがちなこと」

▼B型から見たA型その①

「とりあえずその場は賛同するけど、手のひら返しはあたり前」

協調性が高いと言われるA型、確かにその通りだと思いますが

、内心はどう思っているのか、かなり怪しいと思われます。

なぜなら「その場では賛同をしていたことも、後になって手のひら返し」が多いからです。

例えば、みんなでランチに行く場合「中華とかどう?」との提案に、一度は「いいね」と言うA型ですが、

具体的な店の名前を挙げると「ちょっとなぁ」などと言い出します。

▼B型から見たA型その②

「血液型で性格を決めるのは日本だけだ」と言う

世間的なイメージは悪いB型ですが、実は血液型の話題が嫌いではなくむしろ好きです。

ですがなぜかA型の人は、他の血液型より「血液型トーク」に乗ってこないことが多い気がします。

そして、血液型トークにとどめを刺すことで有名な「血液型で性格を決めるのは、

日本だけだよ」という決まり文句を、A型が放つ場合が多いです。

▼B型から見たA型その③

ためらいなく「人見知り」をアピってくる

慮深い国民性から日本人の大多数は、血液型に関係なく「人見知り」の要素を持っているでしょう。

ですが、A型はためらいなく「わたし人見知りなんですアピール」をしてきます。

▼型から見たA型その④

「凹むと全然立ち直ってくれない」

血液型にかかわらず、失敗したり、人に責められれば人間は凹みます。

ですが、B型の場合、「周囲に気を使わせちゃいけない」という思いと、

「凹んでると思われたくない」というプライドが相まって、何とか平常に振る舞おうとします。

しかしA型は「そ、そんなにあからさまにダメージを受けなくても」と思うほど見事に凹みます。

しかも長引くケースが多いため、後々のことを考えて「この人に言っちゃうとマジで凹んじゃうからな」と、

こちらも気を使うことになります。

▼B型から見たA型その5

「たまに激ギレして怖い」

基本的には争いを好まず平和主義者の多いイメージのA型ですが、稀に激ギレすることがあります。

おそらくその場で発散せずに溜める性格なのでしょう、いざキレたときは「そんなことまで!?」と、

過去や本当に些細なことまで持ち出してくるので厄介です。

大ざっぱなB型にとって几帳面なA型は、仕事をする上で欠かせないパートナーであり、よき相談者です。

そして突っ走りがちなB型をいい意味で、ブレーキをかけてくれるのもA型なのです。

以上で、B型から見た「A型の人にありがちなこと」5連発でした!

なんだかんだ言っても、

B型はA型に頼っているようですし、好意を持っているようですね。

出典:rocketnews24.com

 

 

参照元https://newtrendys.com

-驚き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

甲子園で見つけた可愛すぎる最強チアガール・ベスト10!あなたはどの子がタイプですか!?

\♡『いいね』お願いします♡/ 甲子園の試合を応援するチアガールの中には、可愛すぎるチアガールの姿をよく目にしますよね! 今回は、甲子園にいた可愛すぎるチアガール・ベスト10をご紹介します! 甲子園で …

実在するとは思えない化け物のような生物!怖くて奇妙な生物が沢山いた!

実在するとは思えない化け物のような生物… 怖くて奇妙な生物が沢山いた…

早死にした人がやっていた生活習慣8選!これをしてると早死にのリスクが!

早死にした人がやっていた生活習慣8選… これをしてると早死にのリスクが…

知ってた!?「となりのトトロ」の人気キャラ「ネコバス」!最後に向かう行き先に感動…。

「となりのトトロ」の人気キャラ「ネコバス」。 その「ネコバス」が、最後に向かう行き先に感動…。

覚えてますか?20年前に起こったポケモン「ポリゴンショック」事故!

ポケモンの「ポリゴンショック」事故から20年が経ちました。 当時、700人以上の子どもたちに被害があり、連日のように多くのマスコミに取り上げられた「ポリゴンショック」事故。 一体、どんな事故だったか知 …