泣ける話

ダウン症を抱えている娘を持つ母親!カフェで見知らぬ人の言葉に涙が止まらなかった…。

投稿日:

ダウン症を抱えている娘を持つ母親がカフェにいると見知らぬ人から声をかけられた。

母は、見知らぬ人からかけられた言葉に涙が止まらなかった…。

 

見知らぬ人との出会い

出典:tabippo.net

ダウン症とは通常23組46本ある染色体のうち、

21番目の染色体が1本増えて3本になったことから起こる遺伝子疾患の事です。

人間の遺伝子疾患では最も多いそうです…。

年間1,000人に1人の割合で誕生しているようです。

症状としては、ダウン症児の特徴的な顔つき、身体的な発達の遅れ、軽度の知的障碍などがあります。

カナダに住んでいる「パム」さんの娘「ソフィア」ちゃんもダウン症児です。

生後18ヶ月のソフィアちゃんを連れてカフェでのんびりしていました。

近くに座っていた2人の女性がソフィアちゃんのことをジロジロとみてきました。

パムさんがその事に気付いていても、2人はさらに首を伸ばしてソフィアちゃんを見ようとしていました。

興味本位の目にさらされることに慣れていましたが、いい気分はしません。

そんな時、パムさんは素敵な出会いを経験する事になります。

今度はカップルがパムさんに近づいてきたのです。

カップルの男性は、ソフィアちゃんに挨拶をして、ハイタッチと握手をしてきました。

ソフィアちゃんも笑って手を振ったそうです。

それから、男性は目に涙を浮かべながらパムさんに話しかけてきました。

見知らぬ男性からの言葉

出典:www.facebook.com

男性は目に涙を浮かべながらパムさんに話しかけてきました。

「あなたにぜひ聞いてもらいたい話があるのです。 だけど、多分、私は感極まって途中で話せなくなりそうなのですが・・・」

男性は、前日テレビのニュースで重度の障害を持つ赤ちゃんを産んだ、

母親のインタビューを見ていたようです。

医師から母親は人工中絶を勧められたのに、出産を決めたそうです。

男性は次のように語って去って行っきました。

「生まれてきた人が世界にどんな影響を与えるかは誰もわからない。 彼らに何ができるのか・・・。 それは生まれてきて、チャンスを与えて上げない限り、 誰もわからないんです。あなたは美しい人だ。 あなたの娘さんも美しい。素晴らしいことです!」

パムさんは、次のようにFacebookで綴っていたそうです。

「この男性は、初めて私がソフィアを産んだことを祝福してくれた見知らぬ人でした。 彼は初めてソフィアの価値と大切さと美しさを認めてくれた、見知らぬ人だったのです。」

障碍を持つ人に出会うと、口では「可哀想だ」と言いながら興味本意の目で見てしまう事があるようにも思います。

目を背けてしまう時もあるかもしれませんね…。

パムさんのFacebook投稿は、多くの人たちにシェアされ9万いいね!

されています。

出典:www.facebook.com

 

 

参照元https://newtrendys.com

-泣ける話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

火事で燃え盛る家から脱出した犬⇒その口には幼い小さな命がくわえられていた…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 燃え盛る家から脱出する犬の口にくえられていたのは小さな命だった… 火事で燃え盛る家から脱出してきた犬… ある日、南米チリの田舎町で火災が発生。 幸いにも …

夫と大喧嘩!その日、夫は単独事故で亡くなる→車内にあった「事故原因」 に胸が詰まる …

突然ですが、皆さんは今ある当たり前の事を幸せと感じていますか? 毎日、家族と笑って過ごす時間がもし限られてるとしたら皆さんは何をしますか?

皮膚が無い状態で生まれた女性が起こした奇跡!難病に立ち向かう姿に世界中が涙!

皮膚が無い状態で生まれた女性が起こした奇跡… 難病に立ち向かう姿に世界中が涙…

若き特攻部隊の決意!家族、婚約者に送った遺書が切ない…

若くして散っていった特攻隊員が家族や婚約者に送った遺書に涙が止まらない・・・ 『あなたは何のために死んだの…』そう語る一人の女性がいた。

与えられた食べ物を必ず残す犬!雨の日でも必ずどこかへ運んで行く…その理由に涙した!

与えられた食べ物を必ず残し、どんな日も必ずどこかへ運ぶ犬。 不思議に思い、後をつけてみると驚きの光景を目にした…。