ニュース

世紀の大発見かも!?化石でなく「ミイラ化した恐竜」がインドで発見された!!

投稿日:

化石でなく「ミイラ化した恐竜!?」がインドで発見され話題に!

 

ミイラ化した恐竜

インド・ウッタラーカンド州の発電所の跡地に、点検を行っていた技師により恐竜に似た死体が発見されたという。

ミイラのような状態にあったその「ミイラ化した何か」は小型の恐竜に似ており、現在その正体の特定が急がれています。

▼続きは動画をご覧下さい

▼形状的には6500万年前に絶滅した獣脚竜に似ている

出典:www.hindustantimes.com

候補として挙げられているのは「デイノニクス」「コエロフィシス」「ドロマエオサウルス」といった恐竜。

いずれも獣脚竜という、ティラノサウルスからアンキオルニス属まで、

さまざまな大きさの恐竜が属するグループの仲間で6500万年前に絶滅したもの。

本当に恐竜なのか?

解析されるまでは謎

出典:livedoor.4.blogimg.jp

インド林野部のパラグ・マドゥカル・ダカテ博士は、

解析が済むまでは謎の存在として扱われるだろうと話す。

「恐竜のような外見ですが、試験がすべて終わるまでは何とも言えません」

とダカテ博士。

デリー大学古生物学科博士課程の学生であるアリアン・クマール氏は、

これほどの長い期間、恐竜の骸骨が保存されるのはありえないとコメントする。

「獣脚類と呼ばれる非鳥類型恐竜は6500万年前に絶滅したが、この死体は獣脚類によく似ている。 恐竜の骸骨が化石にならないまま数千万年も保存され続けるなど考えにくい。 わずかな可能性として、博物館が薬品を用いて保存したならそれもありえる。 だがもしそうなら、ここで見つかった理由が分からない。」

▼ウシ科の胎児である可能性も!?

現在この標本はインドのクマウン大学で歴史的解析を受けている最中だという。

死体については、ウシ科の胎児ではないかという推測もあるが、今のところはっきりとしない。

▼世界最大の恐竜の足跡も発見されている

ちなみに最新の研究によって、

2009年にフランスのジュラ山脈の村で発見された世界最大の恐竜の足跡の主が判明している。

出典:www.cnet.com

フランス、リヨン地質研究所(Laboratoire de Geologie de Lyon)が、

一帯を発掘調査したところ、メートルに渡って計個の足跡が見つかった。

データを解析した結果、足跡の主は全長メートル、

体重トン以上もあるとんでもなく巨大な生き物であることが分かった。

石灰層から1億5000万年前、

ジュラ紀ティトン期のものであると推測されている。

出典:www.hindustantimes.com 出典:karapaia.com

 

 

参照元https://newtrendys.com

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

5万人がノネコの殺処分に反対!大規模な署名にもかかわらず、引き取りの申し出は!

5万人がノネコの駆除に反対… 大規模な署名にもかかわらず、引き取りの申し出は…

100年以上直立したまま湖面を漂い続ける丸太!無理に移動させると!

100年間直立したまま湖面を漂い続ける丸太… 無理に移動させると…

75年の時を経て掘り出された僧侶!居合わせた全員が息を飲む結果に!

75年の時を経て掘り出された僧侶… 居合わせた全員が息を飲む結果に…

住宅火災で消化活動を続ける中、消防車に近づく1匹の犬の姿に涙を抑えられない!

住宅火災で消化活動を続ける中、 消防車に近づく1匹の犬の姿に涙を抑えられない…

フェロー諸島の伝統行事「鯨追込み漁」に批判の嵐!真っ赤な血の海と大量のクジラの死骸を発見…。

デンマーク・フェロー諸島で毎年恒例の伝統行事・鯨追込み漁。 ゴンドウクジラは刃物で脊髄を切断し、鯨の出血で真っ赤な海に批判の声が…。