驚き

江戸時代の妊娠や出産が怖すぎる…現代じゃ絶対に考えられない!

投稿日:

\News BFC に『いいね』お願いします/

江戸時代の妊娠や出産は恐ろしかった・・・ 現代では、絶対に考えられない方法だった!

江戸時代の妊娠や出産が怖すぎる…

妊娠と出産っていつの時代でも大変ですよね。 ただし、昔に比べ現代の出産はとっても楽になったんだそうですよ。 例えば江戸時代。この頃は出産の環境も酷いものだったそうです。 下の図は、自宅の納屋などに設けられた産屋。 出典:park19.wakwak.com 出典:park19.wakwak.com 当時の女性は「力綱」を掴み、しゃがんだままいきんで出産したのだそうです。 考えただけでも壮絶ですね・・・ しかし… 当時の妊娠や出産の酷さはこんなものではありませんでした。 実は、もっと大変で怖いことがあったそうなんです。

出産を終えたら7日間寝ることができない!

出典:edo-g.com 無事に出産を終えた女性は、その後

「頭に血が上らないように」

という理由で横になることができませんでした。 つまり、上半身を起こした状態で、ずっと起きてなければならなかったのです。 しかも、その期間はなんと7日間! このため、妊婦が寝てしまわないよう常に付き人が側にいて、ウトウトしたら起こす・・・ というのをずっと続けたのだそうです。 これは本当に大変ですね…

子供が多かった訳とは

さらに、江戸時代は女性一人当たりの出産人数も多く、平気で4〜5人、もしくはそれ以上産んでいました。 これはひとえに、乳幼児の死亡率が高かったからです。 当時は、生後1年で生き残っている子供は4人に1人程度と言われており、

「良く子供を産む健康的な女性」

ほどよしとされていたそうです。 また、逆に結婚してから子供ができない女性は「ダメな嫁」とされ、3年経って子供ができないと即離婚という厳しい掟があったのだとか。 現代ではとても考えられない江戸時代の妊娠と出産。 確かに現代でも出産は大変ですが、医療技術や環境の変化に感謝しなければいけないのかも知れませんね!

 

参照元https://newtrendys.com

-驚き

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

寝取って自分の嫁にするレイプ婚!封印された日本の風習(おっとい嫁じょ)が胸糞すぎる!

誘拐して寝取り自分の嫁にするレイプ婚… 鹿児島にあった日本の風習(おっとい嫁じょ)が胸糞すぎる…

昔のヨーロッパの拷問・処刑方法!ギロチンがいかに人道的な処刑器具なのかよく分かると話題に!

昔のヨーロッパの拷問・処刑方法… ギロチンがいかに人道的な処刑器具なのかよく分かると話題に…

脱北者が語った北朝鮮の拷問!知られざる北朝鮮収容所の実態がエグすぎる!

脱北者が語った北朝鮮の拷問! 知られざる北朝鮮収容所の実態がエグすぎる…

ながらスマホの交通事故防止のCMがリアルで怖い!刺激が強いけどこれが現実だと話題に!

  ながらスマホの交通事故防止のCMがリアルで怖い… 刺激が強いけどこれが現実だと話題に…

名作映画に入ってしまったあり得ないミスシーン10選!海外版の「リング」は放送事故レベル!!

あり得ないシーンが入ってしまった名作映画10選をご紹介します!